画廊通信8月号は、現在開催中の「2020年特別企画展 未来圏から!」の特集号です。

見開きページでは、作家の皆さんからいただいた、作品と、このコロナ・ウィルスの状況をめぐる思いの一部を掲載しています。

シリーズ・エッセイ「パンデミックの時代に」にはセルビア在住の詩人・翻訳家の山崎佳代子さんと、編集者の松田素子さんにご寄稿をいただきました。

松田素子さんには、宮沢賢治の詩より、今回の「未来圏から!」のテーマをお考えいただきました。

また今号より、神出鬼没、亀の井別荘の中谷健太郎さんによる「オハガキ通信」が始まります!

 

PDF形式のデータは下記のリンクよりご覧ください。

http://gallery-shimada.com/blog/wp-content/uploads/2020/07/%E7%94%BB%E5%BB%8A%E9%80%9A%E4%BF%A18%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf

 

 

20-08-1p

20-08-2-3p20-08-4p