ギャラリー島田には、2年ぶり3回目の花井正子さんです。

DSC08896cts

デザイナー廣村正彰さんをお迎えしてのギャラリートーク。

決してまっすぐな一本道ではなかった「絵描き」までの道のりや、

そのために捨てたもの、選び取ったもの。

四半世紀のおつきあいという廣村さんが、絵描き花井正子の核心に迫りました。

DSC08934cts

やむにやまれぬもの、私が描くしかないものを描く。

そこには、どうしても「原風景」が現れるという。

DSC08597cts

さびしいのに、あたたかい。冷静なのに、突き動かされる。遠いようで、寄り添う。

アンビバレントな感覚に、こころが揺れる。…どこか、なつかしい。

この感覚こそが、花井さんの言う原風景なのかもしれません。

DSC08656cts

花井さんの作品に描かれる、不在。

たしかに存在したものの気配が、ひかりとなって溶け込んでいます。

今回は、花井さんが、「ことば景」と呼ぶ詩も展示されています。

絵と詩と、あわせてゆっくり味わってください。

DSC08591cts

展覧会情報はこちら

(K)