3年ぶりとなる高濱浩子さん、展覧会紹介ページはこちら

DSC08078cts

 

初日12日は台風到来で、どうなることかと思いましたが、無事オープンすること

ができました。

翌13日17:00からギャラリートーク「高濱浩子と林淳子」。

ギャラリーいっぱいのお客様が来て下さり、皆さんが一点に集中するようにお話

を聞いて下さいました。

DSC08121cts長いお付き合いの島田と高濱さん、そしてわたくし。終始笑顔。

今回の展覧会について、タイトルがあるもの、ないものについて。

展示について、入って正面の壁、最初に決まった作品シリーズについて。

DSC07840cts

宮澤賢治の星めぐりのうたがテーマになっています。言葉のイメージは絵が描か

れたあと、浮かんできたとのこと。

絵のたたずまい、この場所に、あの作品を、とかこの作品は出したくないなぁ

とか、やりとりを経て、でも結局展示してみたらとてもしっくりくるように飾

られました。

DSC07842cts

トークにも登場した、展示作業中のミラクル。作業中、台風が来る前とあって

か、とても暑いのでクーラーを入れると風が吹いて、ネパールの紙に描かれた

絵がふんわり動き出しました。これはこの時だけの風景。今は、動かないよう

とめられていますが、絵が生きてるような、浮かんで透けて見える感じがなん

ともきれいでした。

私がギャラリー島田につとめ始めたのが2001年6月、高濱さんがギャラリー

島田で展覧会を初めてしたのが、同年12月。あれから18年。最初は右も

左もわからない私。高濱さんは、あれから舞台美術のお仕事したりインドや

スペイン、フィリピン、東北などなどいろんな場所を旅されて、表現し続け

てこられました。

神戸、平野という場所でご近所さんであり、町のイベントをご一緒したりの

わたしたち。いつも、偶然ばったり必然的に出会うわたしたち。

 

ギャラリーでの展覧会に挑むということはとても緊張することですが、

そんなあたりまえの日常、日々の中に表現があって、その延長にこうして

ギャラリーで展覧会が開催されるということ。

そして言葉で伝えるトークの時間を通して少しでも、見に来られる方が

ギャラリーに来て作品を見たり作家さんと出会ったりすることを身近なことと

して感じてもらえたら嬉しいです。DSC07837cts

展示作業って、何とも言えず、とっておきの時間だと思います!

 

今回の展覧会DMをデザインしてくださった、ニコールさんが、素敵な展覧会

冊子もデザインしてくれました。

会場にて500円で販売しております。是非お手に取ってみてください。

作品にそえられた、高濱さんのメッセージ、言葉も絵とともに受け止めて下さい。

高濱さんは、毎日在廊予定です。ご来廊、お待ちしております。

 

スタッフ:林