1F troisでは番留京子  木版画展  Made in Japanが始まっています。

展覧会紹介ページはこちらをご覧ください

 

DSC07092

 

展示日当日、番留(ばんどめ)さん、和歌山は熊野より作品と一緒にご到着です。

 

DSC07100

 

お手伝いの皆さんも駆けつけてくださいます。

失礼ながら、頭の眩しげな方が次から次と……実は皆さん、お坊様でした。

熊野のお寺に修行に来ていたことからのご縁なのだそうです。

 

DSC07095

 

古来からの自然信仰の伝統が色濃く残る熊野。

番留さんの作品の中でとても印象的な、野山をのびのびと駆け巡る動物たち、彼らも番留さんは「神様のようなもの」とおっしゃいます。

 

DSC07139

 

そして今回もうひとつ目を引くモチーフ、富士山。

上の写真は6連の大作の一部ですが、噴火する富士山が無数の赤い牡丹の花をまき散らしています。

まさに幸福の噴出、見ていてとても元気になれる作品です。

 

DSC07137

 

こちらも富士山でしょうか。

そして両脇を固めるは……

世の中うまく行かないことも多いですが、験直しに唱えましょう、さぁご一緒に、つるかめつるかめ……

 

DSC07120

 

蝙蝠社長自ら照明チェック。

さて準備は整いました。

番留さんの力強い作品から元気をもらいに、どうぞ足をお運びください。

ご来廊を心よりお待ちしております。(T)

 

DSC07134