ギャラリー島田、毎年夏の恒例「ミニアチュール神戸展」が始まりました。

19回目を迎えた今年のテーマは「わたしの万有引力」。

今年は初の試みとして、un・deux・troisの3会場での展示です。

展示作業にはたくさんの作家の皆さんが参加してくださいました。

 

DSC06480

 

展覧会紹介ページにお名前があがっている通り、昨年同様150名近い作家さんから作品を出品していただいています。

設営にはいったいどれぐらい時間がかかるのでしょう…

3つの会場に分かれて作業開始です。

 

DSC06485

 

今回は整然と作品を並べるのではなく、夜空に散りばめられた星のように、というコンセプト。

これもまた作業時間の予測を難しくするように思われたのですが…

経験豊富で、展示の仕方についてはそれぞれ一家言をお持ちの皆さん、

ところが不思議に意見がぶつかり合うこともなく、みるみる会場が出来上がっていきます。

 

DSC06492

ここでお昼の休憩です。

初めましての作家さんたちのあいだでもお話がはずみます。

 

DSC06488

 

腹ごしらえがおわって作業再開。

しかし皆さんのお力のおかげで、何と予定時間よりずっと早く設営を終えることができました!

 

DSC06499

 

※     ※     ※

 

DSC06544

 

さて、翌日の展覧会初日には、これまた恒例の「ドリンクナイト」が催されました。

 

DSC06548

 

皆様にお持ち寄りいただいたお料理の数々。

おいしそうですね!

 

DSC06552

 

小さいお客様にも来ていただきました。

 

DSC06555

 

お酒も少し入って、なごやかな時間が過ぎていきます。

 

DSC06562

 

作品だけでなく、作家の皆さんもまた星座のようにつながって。

 

※     ※     ※

 

今回、新企画として、画廊通信7月号に掲載の「ことばのミニアチュール」にご寄稿いただいた俳句の佐藤文香さん、詩の時里二郎さん、川柳の八上桐子さんの原稿とご本もご覧いただけます。

そして「あなたの万有引力」のコーナーでは、お越しいただいた皆様に自由にことばをつづっていただき、展示をしていただけます。お気軽にご参加ください。

会期は8月4日(日)まで。

お目当ての作家さんがいらっしゃいましたら、どうぞお急ぎください。

ですが、思いがけず心ひかれる作品に出会って、というお客様も多くいらっしゃいます。

暑い盛りですが、ぜひ足をお運びください。

ご来廊を心よりお待ちしております。(T)