上村:陶作品

やっとこさ、梅雨入りしましたね。B1F unでは上村亮太さんの展覧会ービクニーズの時代ーが始まりました。

展覧会紹介ページはこちら。

会場風景をご覧いただいてもわかるように、絵画、陶のオブジェ、うつわや花器、そして写真の作品を、100点ほど展示しています。搬入作品はこれ以上にあって、すべて展示することはなかったのですが、今回は、ビクニーズの誕生から、順を追って、絵を眺めながら、その生態のようなものを見て感じていただけると思います。

上村:写真展示

入り口からは、ビクニーズのポラロイド写真が並びます。上村さんのサインとともに、ビクニーズ harukaとか名前が書かれています。

上村:歓談

展示もひと段落して、ほっと一息していたら、ビクニーズ登場。

上村:眼鏡上村:社長ビクニーズ

私も、あなたも皆、ビクニーズ、、、なのかもしれません。

そして、22日のオープニングでは、上村さんのパフォーマンスで始まりましたパーティ。

上村:卓球

「フラミンゴの森の中」という上村さん作詞作曲の名曲をアカペラ独唱、そして昨年も大好評だった「卓球バカ一代」のパフォーマンス。ABBAの曲にあわせて、ひたすらすぶりを続けるという、こちらも上村さん定番のシュール芸です。

 

パフォーマンス後、息つく間もなく、大事な発表の時間。

上村:制作発表

 

上村亮太さんのアートブック「アネモネ戦争」の制作発表をしました。

このプロジェクトは、ただ一冊の本を出版する、という枠をこえたものづくりを目指しています。

本を作る中で、たくさんの人と出会い、その人の思いを本につめこんでいくような形です。

チーム・アネモネと名付けられた、メンバーからメッセージを伝えます。

右より、ギャラリー島田の島田、編集者の松田素子さん、デザイナーの濱章浩さん、BL出版の落合直也さん、私(ギャラリー島田の林)、そして汗をふぃている上村さん。松田さんと濱さんの間にひそんでいる、金のこまいぬが愛らしいですね。

またこのプロジェクトについての詳細は、近々追ってご案内させていただきますが、この日がスタートの日、たくさんの方にお立会いいただき、楽しみだねーとか協力するよーと言っていただけてとても嬉しかったです。

みんなでワクワクしながら作るこの本、そして宝物になる、とっておきの本を作りますので、どうぞ楽しみにしてください。

来年、アネモネの花が咲く頃に、見ていただけますようにと思っています。

上村:パーティー

その後、オープニングでみなさんご歓談、交流のひととき。スタッフは昨年のビクニーズTシャツを着用しております。

上村:狛犬

こまいぬ、みなさんはどちらがお好みですか?ちなみに私はひだりがわのほっぺた落ちそうな子です。

雨の中、しっとりとビクニーズ見て楽しんでください。

お待ちしておりまーす。 スタッフ 林