DSC_4693cts

20年以上ブルーを描き続けているという三沢さん。

この度、画集をまとめられ、出版記念展が地下会場unにて開催中です。

DSC04040cts

なめらかな手触りの、真っ白な装丁は、

ひたむきで潔白、やわらかに揺るぎない三沢さんそのもののようです。

ページをめくると広がる三沢さんの世界。ひとつとして同じブルーはありません。

ところどころには短い文章が載っていて、三沢さんの大切にしていることが、そっと差し出されています。

気づき、葛藤、生活、情熱・・・、ブルー。

DSC_4783cts

初日30日のアーティストトークは、満席。

普段人前で話すことは少ないという三沢さんに、生い立ちや経歴、画集、ブルー、蝙蝠が尋ねます。

さらに1階で個展中の梅田恭子さんも加わって、山本忠勝さんについて。

お二人は山本忠勝さんのまなざしが、言葉が、糧であったと、支えであったと語られました。

真剣さと和やかさを行き来しながら、トークは進みました。

DSC_4715cts

展覧会紹介ページはこちら

繊細で難しい色だと言われているブルー。

写真では伝えきれない深さを、ぜひ生のブルーをご覧いただきたいです。

さらに会期中に画集をお求めの方へ、特注のポストカードセットをプレゼントしております。

ぜひこの機会に、ご来廊お待ちしております。

DSC_4699cts

うってかわって展示作業中のオフショット。

足元までブルーの三沢さんとスタッフHなのでした。

 

スタッフM