2019年最初の展覧会、1Fは、個展としてはギャラリー島田初登場の、高安醇さんです。

展覧会紹介ページはこちら

展示作業は、まずは、予め高安さんが計画しておられた配置図をもとに、皆で作品を並べていきました。

作品を梱包材から開放(解放!)するたびに、鮮やかな色彩がとびだしてきて、会場にも、私達の心にも、とても新鮮な空気が授けられるような、気持ちの良い瞬間の連続。

 

DSC01540cts

配置図の通りにいったん並べ終わると、配置がえです。

いつもそうですが、会場がホワイトキューブではなく、形も光も複雑なため、作品を目の前にしてから、ベストな配置を探ることになります。

高安さんとも、作品一つ一つを、あっちがいいか、こっちがいいか、お隣がいいか、離したほうがいいか、高いか、低いか… 相談しながら、並べ方を考えて、空間を作っていきました。

耳が聞こえない高安さん。初めてお会いするということもあり、どのようにコミュニケーションしていくことになるのか、想像がつかず、ちょっぴり不安もあったのですが、

いつも通り、口で喋ったり、ジェスチャーしたり、筆談したりして、ご一緒にじっくり配置を考ることができました。

DSC01551cts

高安さんと、インターンのOさん。

壁に釘を打って作品をかけていく際には、微妙な高さも何度も調整していきました。

DSC01556cts

B1F の栃原敏子さんにも、相談にのっていただいたりしながら… Pen2(ペンペン)さんとその娘さんもお手伝いくださいました。

IMG_0940

壁に作品をかけて空間を作っていくのは、キャンバスに色をのせて描いていくことに、きっと近いのだな、とは展示作業の時にいつも思うのですが、今回はそれともちょっと違う(もう少し深い?純粋な?)感覚… 作品は色であり、その色達を空間に置いていくような感じがして…

ふと思ったのは、色への信頼がとても強い、のではないか、ということ。

傍にいると、高安さんの”色”との絆が感じられ、とても心地よく、と同時に背筋が伸びるような、そんな感覚を味わったのでした。

 

そんなわけで… deuxとtroisの二つのスペースが、高安さんの作品で豊かに染め上げられております。

ぜひ、みなさまに体験していただきたいです。ご来廊、お待ちしております。

 

(容)