今回、ギャラリー島田では3回目の個展の落直子さん。1F troisでの展示は初めてですが、絶妙にしっくりと馴染んでいます。展覧会ページはこちら。

展覧会タイトルは、Landscape -now here-。一度目の個展は、1F deuxにて、timelineというタイトルの展覧会。 二度目の個展は、1F deuxにて、Shangri-laというタイトルの展覧会でした。。

過去二回の展覧会を経て、時間が、作品画面で熟成したかのような奥行きを感じます。

DSC09807_cts

スワトウのレースのよう。様々なモノや形がつながり、流れる文様のごとく描かれています。細密に描かれた部分を見るために、落さんが双眼鏡をもって来てくださっていますよ。

DSC09786_cts通路側の壁面には、薄いブルーの作品のシリーズ。ギャラリーの中は、黄金の作品、そして、夜空のような群青の作品。

DSC09775_ctsこのシリーズの中でも12mの大作は、巻物のように、壁面から床面へと設置され、まるで天の川のごとく目の前に広がります。案内状にも掲載された画面の中にうすら白いHole、あちらの世界へと続く穴のようなものが描かれた作品シリーズもあります。

そして一番新しい作品は、白く、光り輝く作品。ライトや、自然光を取り込んで、キラキラと輝き、見る位置によっても見えかたが変わります。

DSC09774_cts丸い形の作品は、先ほどのholeが壁に出現したかのようです。

そして、

夕方、日が落ちてきたころ、もう一つの世界が現れます。

DSC09804_cts写真ではなかなかお伝えしきれないのですが、用意してくださっているブラックライトをあてると、また違う世界が広がります。まるで森の中で精霊と出会ったかのような。思わずおぉーと声がでます。

隠された暗号が見つかったような。見えていた世界と見えなかった世界との出会い。いろいろな見えかたを楽しめる展覧会になりました。

外から見ると、艶やかに輝くギャラリー空間。よく見ると、繊細に描かれた線の世界。そして隠された裏側に潜むもう一つの絵。

これは会場でしか、体感できません。キラキラ、ゾクゾク、あちらとこちらの世界を行き交うような神秘的な体験になるかもしれません。

落さんは全日在廊予定です。ご来廊心よりお待ちしております。

(林淳子)