ギャラリー島田初登場、関西初個展の住谷重光さんです。

神戸のご出身ですが、関東の大磯にお住まいでいらっしゃいます。

deuxの空間をとても好きだと仰っる重光さん。とても朗らかに微笑みながら、展示空間をつくってゆかれました。

DSC04208cs

DSC04210cs

この白い作品たちは、大磯の海。実際に見える海の姿を砂浜に座って、毎日描き、最後にアトリエに持ち帰って、こんどは白く消していかれたそうです。

真っ白なのに、海、ときいて、一瞬戸惑いましたが、眺めていると、不思議と、海、それも、”天気の良い一日を予感させる明るい朝の砂浜”に居る時の感覚を体が感じていることに気づきました。

あたたかく、ゆったりした時間の感覚も思い出します。そして、潮の香が…

まさに、住谷さんが海の現場で感じ取ったものを、作品を通して、私達は追体験することができるということなんだと思いました。

DSC04218cs

DSC04213cs

砂浜で感じる海、海からすぐのご自宅から見える海、そして、桜の樹や花、滝… どれも、優しく、柔らかく、住谷さんを通して現れる風景(空間)は、住谷さんのお人柄そのものだなぁ、と改めて実感します。

住谷さんが制作されている姿を写真におさめられた写真家さんのお話も。

DSC04220cs

DSC04221cs

ぜひ、住谷さんと、住谷さんの作品にお出会いいただきたいと思います。

ご来廊お待ちしております。

展覧会情報・会場風景はこちらをどうぞ

 

(島田容子)