DSC_4348_cts展覧会紹介ページはこちら

榎展準備もいよいよ終盤、毎日更新と言いつつ、まとめて最終日の更新となりました。

薬莢の鉄のにおいにも少し慣れてきたころ、徐々に会場が完成へと向かっていきました。

DSC_4351_cts

troisのスペースは、この展覧会の受付として皆様をお迎えし、

半刈りの作品をはじめ、榎さんの活動の記録が、膨大な資料と共に展示されています。

中にはローズチュウのパフォーマンスの記録も!(そして手前のかわいいグッズたち、、)

 

DSC_4367_cts

完成した会場をちらりとお見せしますと、こんな感じになっております。

怪しげなネオンが展示されているのですが、写真では伝わりつらいのが残念です。

(是非、実物をご覧ください。)

DSC_4369_cts

こちらはRPM-1200、迫力の空間に圧倒されます。。

今回は写真には写ってませんが、台の下にもこの世界が広がっております、、!

DSC_4354_cts

これは2002年に京都精華大学で開催したMADE IN KOBEのポスター、

これを含む、5枚セットのポスターも、限定10セットで販売いたします。

神戸に関連するポスターですといえば、お気づきの方も多いと思いますが、

とっても貴重な初期のあの展示やこの展示のポスターがセットに含まれます!

と、こんな感じで空間が次々に仕上がり、いよいよラストスパートです(現在)

といったところで、榎さんが展示してみたかったものを提案。

DSC_4370_ctsDSC_4372_cts

透明フィルムの作品が、どのタイミングでも展示できなかったらしく、

この作品が最後の展示作品となりました。

 

明日から始まります榎忠展、今回の展覧会は入場料を300円頂戴いたします。

今回、ギャラリーで敢えて入場料をいただくのは、近年の藝術のインフレ的垂れ流しに対し、警鐘を鳴らす榎忠の社会的実験なのではないだろうか。 みなさまも鑑賞者という受け身の姿勢ではなく、共に場を創る当事者であって欲しい。と語っているのは、蝙蝠の言葉。

下記、イベント情報になります。

 

■6月9日(土)14:00 〜
オープニング 予約不要・無料(要入場券)
榎忠展開催を祝し、ささやかなパーティーを行ないます。どなた様も是非お越しください。

■6月16日(土) 15:00 〜
第343回 神戸塾 土曜サロン ギャラリーツアー 予約不要・無料(要入場券)
榎忠さんと各会場を巡回し、作品の解説をしていただきます。

■6月23日(土) 15:00 〜
第344回 神戸塾 土曜サロン トーク 榎忠 × 島田誠 要予約・無料(要入場券)
榎忠さんと島田誠によるクロストークを開催します。トークのみ要予約とさせていただきます。

皆様ぜひ、お越しください。

スタッフ( I )