40th Perspective since 1978

Memorial Bookから辿るギャラリーの歩み

DSC00589tc

Memorial Bookとは。
ギャラリーで展覧会をされる作家に私たちがMemorial Bookと呼ぶものに絵を描いていただくことを始めたのは1992年1月28日のことです。
1992年は今に連なる多くの作家と出会い、公益信託「亀井純子文化基金」(現在の公益財団法人「神戸文化支援基金」)が誕生した年でもあります。

そして1995年の阪神淡路大震災が私たちの航路を定めました。

これらの本は私が海外へ行く都度に求めたもので装丁もサイズもまちまちですが、

美術をめぐる旅の思い出に繋がっていて現在で14冊目となり、描いていただいた絵は560点に上ります。

即興的であったり、本音や、別の面がでていたり、とても興味深いものです。

画像とともに、ギャラリーの歩みを旅します。     島田 誠

—-

反響が大きく、下記の日程でMemorial Book Salonを開催いたします。

第二回 2月24日(土)14:00~
第三回 5月 5日(土)14:00~
第四回 6 月 3日 (日)14:00~
第五回 7 月 14日(土)14:00~

各回定員25名様、無料ですがご予約下さい。
会場は ギャラリー島田1F troisを予定しています。