B1F un&1F deux  沢村澄子展

DSC_2397_cts

展覧会紹介ページはこちら

ギャラリー島田40周年の幕開けは、

島田初登場の沢村澄子さんによる展覧会です。

DSC_2395_cts

現在は岩手県盛岡を拠点に活動されている沢村さん。

今回上下階を使った展示ということもあって、展示場所も工夫しつつ、現場で調整を重ねていきます。

いつも展示の構成は、現地でスタッフを含む他者も含めて意見を取り入れつつ、

自分の想像と違う新鮮な展示を試みているのだとか。(先ほどもスタッフによる構成投票が行われました)

DSC_2398_cts

この大きな作品は、今回ここで書き上げた作品で、

書くところまでは沢村さん、あとは自然やその状況に任せ、乾燥等を経て完成だそうです。

(ギャラリーの除湿器がうなっております。)

DSC_2400_cts

この作品は、案内状にも使用した「覚」という作品、

もともとはある2つの漢字からなる悟りを意味する言葉だそうですが、

今回は「覚」のみの展示となります。(展示には出しませんが、作品はございます。)

気になる方はエピソードも含めて、是非ご本人にお伺いください。

■イベントのお知らせ↓

 

◆ 1月7日(日)12:00〜
花士 珠寳さんによる献花

-40周年と沢村澄子展の幕開けに- 予約不要 無料

◆ 1月14日(日)14:00〜
第333回日曜サロン

沢村澄子が語る『書よ、街へ出よう!』 聞き手:島田誠 予約不要 無料

新年最初の展覧会、みなさま是非お越しください。

スタッフ( I )