1Fdeux 林哲夫作品展 ヴァン・ゴッホの道 オーヴェール・シュル・オワーズ

dsc_9845cts

展覧会紹介ページはこちら

12月10日からは、2016年最後の展覧会、林哲夫さんの展示が始まります。

個展しては3年ぶりの林さん、今回はヴァン・ゴッホの道ということで、

ゴッホにまつわる土地に、昨年訪れた資料を基に描かれた作品が中心となっております。

 

dsc_9843_cs

これは何やらオブジェのようなもの、糸のようなものが見えますが、

dsc_9844_cts

よく見ると中身は文庫本?詳しくは会場でご確認ください。

dsc_9846_cts

オーヴェール・シュル・オワーズで見た風景以外にも、

卓上にぽんと置かれたモチーフのシリーズも。

どの作品も、不思議な余白の中に浮かぶ精密なモチーフは

どこかシュールで目を奪われます。

 

今年最後の展覧会、みなさまぜひおこしください。

林哲夫 ブログ:http://sumus2013.exblog.jp/

 

■関連イベントのお知らせ↓

「花森安治装釘集成」 唐澤平吉・南陀楼綾繁・林哲夫編 みずのわ出版 出版記念トーク
2016年12月10日(土)17:00〜 無料  会場:ギャラリー島田B1F *ご予約ください。

1F deuxで個展開催中の林さんは画家、装丁家、文筆家であり古書収集家でもある多彩な顔を持っておられます。

DMの作品はゴッホ兄弟のお墓への道です。私も訪ねました。多くの画家のみならず表現を志す全ての人にとってオーベール・シュル・オワーズへの道は巡礼の道かもしれません。

そして、この度林哲夫さんが装丁+エディトリアルデザインをされた会心作について語っていただきます。

花森安治の「暮らしの手帳」は私にも近く懐かしい思いが溢れます。是非、お運びください。

(無料ですが人数把握のためご予約をお願いいたします。)

TEL&FAX 078-262-8058 MAIL:info@gallery-shimada.com

スタッフ( I )