B1F 内藤絹子展-祈りの言葉2016-

dsc_9566-cts

展覧会紹介ページはこちら

29日からは、内藤絹子さんによる-祈りの言葉2016-が始まります。

島田での個展は5年ぶり、ちなみに前回の個展の様子はこちら

 

dsc_9563-cts

身近にある、紙と鉛筆で書き続ける言葉で制作をされる内藤さん、

しかし技法は内藤さん独自のもので、「モノタイプドローイング」と呼んでいます。

紙の裏側に油性の版画用インクをヘラで塗り、

その裏(上)側から鉛筆や指などで文字を描くことで、下に敷いた紙や壁に転写して作品化します。

dsc_9569-cts

制作の時間と日々の生活は並行なのだとか、

例えば、数分前までの畑作業や、家族との食事のあとに書かれたり、

日常の中で、生まれるものを描き綴るそうです。

 

dsc_9567-cts

展示構成のアドバイスを掛け合いながら、

素晴らしい空間構成となりました。

是非、この機会をお見逃しなく。

 

内藤さんは10月29、30日、11月3、4、9日に在廊されます。 http://kinukonaito.wixsite.com/website

スタッフ( I )