B1F 松村光秀鳥獣擬我

DSC_9052_cts

展覧会紹介ページはこちら

 

9月3日からは、松村光秀 「鳥獣擬我」を開催します。

美術批評家で、SUNABAギャラリーのオーナーでもある樋口ヒロユキさんに本展示の構成をお願いしました。

DSC_9050_cts

作業中の樋口さん、展示作業にも関わってもらったり。

樋口さんは以前からも松村光秀について論考されたり、作品に深い関わりを持っていただいて、

SUNABAギャラリーさんでも、松村光秀トリビュートと題して、若手作家とのグループ展を企画してくださいました。(残念ながら展示は終了しました。)

松村光秀トリビュート展はこちら

DSC_9051_cts

そんな樋口さんを横目に、こちらはインターンOに展示方法を教えるスタッフM、初めての展示に緊張気味みたいです。

 

DSC_9053_cts

DSC_9055_cts

 

今回の企画で、久しぶりに展示になる作品も多く、今までにない樋口さんの視点による松村光秀展、

鳥獣 「擬我」と題し、自らを鳥獣と照らしわせたような、松村作品の深い味わい方が見えそうです。

 

そんな樋口ヒロユキさんによるトークがあります、以下詳細です。

 

第320回 土曜サロン「松村芸術の魅力」

2016年9月3日(土)17:00〜 [予約不要・無料] 樋口ヒロユキ、島田誠が松村光秀の魅力を語ります。

DSC_9054_cs

我らがボスの蝙蝠は聞き手となり、樋口さんの視点による新しい松村芸術の魅力、興味深いお話が聞けるかと思います。

みなさん是非おこしください。

 

スタッフ(I)