1F deux     クボタケシ展  L’ame des poetes

展覧会紹介ページはこちら

恒例のクレーン付きトラックでの搬入。お天気もよく、清々しい一日の始まり。スタッフ、インターン総出の展示作業となりました。

DSC_6587_s

DSC_6588_s

DSC_6599_cs

DSC_6640_cs

神殿のような作品には、自然光の動きとともに変化する光輪の仕掛けがあります。どのようにして彫ったのか、謎めいたいろんな意味で神秘的な作品。

DSC_6639_cs

このカタチはどこから生まれてくるのか… 村人の集まり?集落?お祭り?儀式?呪術? 陰の中には柔らかな石の粉が降りつもっているのです…

DSC_6644_cs

DSC_6650_cs

棺? これはぐるりと一周まわってご覧くださいませね。 葛飾北斎?ワビサビ? ワンダフルです!

DSC_6601_cs

お茶目で色気が見え隠れするクボ印。

ぜひ、クボタケシ作品、クボタケシ空間を味わいにいらしてくださいね。

二日目の2/7(日)15:00~ はクボタケシの魅力にせまる、スライドトークを開催いたします。「インド滞在制作と新作について」 (無料、要予約)

クボさんのトークはなかなかありませんよ!ふるってご参加いただきたいと思います!