神戸ゆかりの美術館  企画展 「アーカイブ/港町の情景 時代を語る絵画」

神戸ゆかりの美術館へ行ってきました。 「アーカイブ/港町の情景 時代を語る絵画」

長く、海文堂書店に飾られていた、角野判判治郎「シャンテ」。神戸ゆかりの美術館へ所蔵されるお手伝いをさせていただきました。こうして、展示されているのを拝見すると、感慨深いものがありますね。

IMG00648_s

 

実は、こんなかたちで有志の手と足で救出した作品なのです。2013年晩夏。「シャンテ」 とともに闊歩した元町からハンター坂までの道のり。良き思い出です!

シャンテ_s

R0249604_s

R0249615_s

R0249626_s

 

興味深い展示は、1922年創業、90年の歴史を持つ 「アカデミー・バー」 の壁画をエピソードにした展示。

IMG00650_s

IMG00649_s

詳しいレポートは、メールマガジン1067号にて配信予定です。

メールマガジンの登録はこちらから→http://gallery-shimada.com/mailmagazine/

バックナンバーもお読みいただけます。