B1F    森本秀樹展

展覧会紹介ページはこちら

2年ぶり4回目のご登場、森本秀樹さんです。宇和島からやってきてくださいました。

生まれ故郷である宇和島の風景。畑、海、樹、子ども、学生、働くおじいさん、工場、家… ありのままの世界を慈しみ、柔らかな眼で見守り続けているのだなぁ、と。

DSC_5520_c_s

色調は“森本フィルター”とか“森本音階”、って名付けてもいいんじゃないかな、というほど、作品群として漂わせてくる空気が、もう、違います。

DSC_5523_c_s

こどものころ遊んだ、“こすりだし”のように、淡い記憶が、きらきら、ふわふわと滲みあがってきます。

DSC_5524_c_s

DSC_5550_c_s

DSC_5533_cjpg_s

DSC_5539_c_s

世界はとっても美しく、愛おしい。そんな声がきこえてきます。

DSC_5541_c_s

 

何年もかかって生み出されたという“森本額”にもまた心洗われます。

森本秀樹さんは、初日9/20と二日目9/21、そして最終日9/30に在廊予定です。ぜひお出会いくださいませ。