B1F  稲垣直樹個展 ―時の彼方へ―

展覧会紹介ページはこちら

10年ぶり2回目のご登場、稲垣直樹さんです。聖フランチェスコの修道服(聖衣)を描いた大作を中心に約25点展示いたしました。

作品自体が宗教建築の内部を思わせる構成になっていますが、深く時に鮮やかなブルーに包まれ、建築物を越えた、宇宙や天体を感じさせます。星たちがふりそそぐ夜の森や、未だ開かぬ白い扉(心の扉?)、静かに佇むレンガ造りの教会。そのひとつひとつがパーツとなって、会場全体が、赦され、浄化されていくようです。

DSC_5290_c

DSC_5288_c

DSC_5293_c

DSC_5303_c

DSC_5296_c

中世ヨーロッパの古い街並を暖かみのある色彩で描いた小品も。

DSC_5298_c

この空気、ゆっくり味わいにいらしてください。