夏休みも終わり、ギャラリースケジュールも下半期がスタートいたします。

B1F   松村光秀展

展覧会紹介ページはこちら

昨年2月に偲ぶ展(偲ぶ会の様子はこちら)をし、今回は没後2年展となります。娘さんの志奈子さんと一緒に松村先生を想いながら展示作業を行いました。今回は火災をまぬがれた70年代の作品、木彫、箱シリーズを中心に構成しました。70年代80年代の何とも言えない鮮やかな色彩が会場をいっきに松村空間へと変化させます。小品の花を持つ女性たちと相まって、なんだか楽しげなムードも漂いますが、土着的な雰囲気と鎮魂が根底に流れます。

DSC_5040_c

DSC_5042_c

DSC_5029_c

DSC_5030_c

 

 

DSC_5033_c

DSC_5046_c

DSC_5045_c

箱シリーズはもちろん、額も手作りで、様々な手法を用いられています。こうしようかな、ああしようかな、と工夫しながら夢中になって作っておられるのが目に浮かびます。ぜひ実物を見にいらしてください。

 

そして、

1F deux   内藤伸彦展   ―ひびをおく―

展覧会紹介ページはこちら

ギャラリー島田初登場の内藤伸彦さんです。本物の木の枝と、本物の土を使った作品です。でも、現実ではない遠近感や浮遊感が生み出されていて、不思議な気持ちになります。

DSC_5009_c

DSC_5017_c

DSC_5010_c

DSC_5021_c

子どもの頃の夏休みの思い出のような感覚にもなったりしますね!

内藤さんは毎日在廊予定です。ぜひお出会いくださいませ!