1月8日より、堀尾貞治さんと津高和一さんの展覧会を3会場にて開催中です。
今回は、地下会場についてご紹介いたします。

DSC01270

存在感を放つ津高さんの大作(100号)を含め、島田旧知の三木谷様からお
かりした貴重な作品と、堀尾家からおかりしたこれまた貴重な神戸の震災風
景のコラージュ作品や、四角連動の和紙の大きな作品をコンクリートの柱に
展示しています。

DSC01318

堀尾さんは生前、コンクリートを飲み込むような展示をされていたことを思
い、今回も柱に展示するよう考えました。

DSC01319

島田コレクションの津高さんの、震災直前に制作された墨の作品「響」や、
少し剝落のある古い作品も、時間の経過を感じさせる作品と思い、あわせて
展示しています。

DSC01267

会場に入ってすぐ右手にある作品は、津高さんの自画像的な抽象作品とお聞
きした記憶があります。troisの会場にも、入って右手の壁に銅版画による自
画像作品がありますので、ぜひ見比べてみてください。

堀尾さんもご参加されていた「対話」展というグループ展にて、パフォーマ
ンスで残してくださった作品も2点あります。(1F troisに展示)「対話」と
いうキーワードも今回のお二人の展示とリンクするように思います(津高さ
んと堀尾さん、または観客と作品、観客同士)。

堀尾さんの「あたりまえのこと」、そして 「四角連動」も津高さんの言葉や
作品とつながりました。 津高さんも、四角形が特徴的な作品を多く残されて
いて、地下のカウンター後ろの壁に展示中のリトグラフ作品を配置してみま
した。

horio_calendar

資料や、販売物(堀尾貞治「下町記憶絵」「日めくりカレンダー」)もこの
機会なら手に 取ってみていただける貴重なものなので、 ぜひゆっくりご高
覧ください。

展覧会情報はこちらからどうぞ。
堀尾貞治展 http://gallery-shimada.com/?p=7747
津高和一展 http://gallery-shimada.com/?p=7750