1F troisでは「山村幸則展『無限の弧』昨日、今日、明日へ」開催しています。

『無限の弧』は山村さんが医療研究施設のためのモニュメントとして制作された作品で、

そのアイディアが生まれるまでと、制作が進み完成に至る過程を特別に公開する展覧会です。

展覧会紹介ページはこちらからどうぞ。

DSC08887

展示作業の日、車の屋根に荷物をいっぱい載せてやって来た山村さんです。

DSC08891

会場では『無限の弧』の制作の過程で作られた、たくさんの模型やスケッチをご覧いただけます。

DSC08896

そしてモニュメントファクトリー ホッカイさんでの実際の製作の様子を写した写真が並びます。

深夜大きなトレーラーで運搬し、モニュメントをクレーンで設置する様子を撮影した映像からは緊張感が伝わってきます。

それにしても、寸分の狂いもなくモニュメント土台の上に吊り降ろされる熟練の技術に驚かされます。

DSC08902

蚕を撮った写真も展示されています。

山村さんが実際に飼って、モニュメントのアイデアのために繭をとりました。

DSC08966

6月6日にはインディペンデント・キュレータ―の林寿美さんをお迎えして、山村さんとのトークが開催されました。

DSC08975

たくさんの人にお申込みいただき、「蜜」を避ける意味でも急遽会場を変更して青空の下、開催。

前半は、山村さんの過去の作品の中から、モニュメントなど屋外設置する作品など、今回のプロジェクトに繋がる作品を中心にお話いただきました。

後半は、今回のモニュメントの制作過程を、順をおって解説していただきました。

山村さんの生真面目なご性格と、その生真面目さが生むユニークなアイディアが絡み合う、絶妙な魅力があふれ、

和やかで充実した内容のトークとなりました。

 

(本展覧会は6/8火曜日が最終日になります。ご注意ください。)