2021年最初の展覧会「渡辺信子:色彩と空間の向こうの向こう」を1月8日より開催しています。

un・deux・trois(アン・ドゥ・トロワ)3つの会場すべてを使ってのほぼ1か月にわたる展覧会です。

会場の様子や渡辺さんのメッセージなど展覧会紹介ページはどうぞこちらのリンクをご覧ください

 

un

 

地階unのテーマカラーは白。

純白の

そして微妙に色合いのちがう白の布を木枠に張りかぶせた

大きな作品が並びます。

ギャラリーの白い壁から浮き出たかのような

白い作品たちの静かな迫力に包まれるようです。

そしてまた正面奥の壁に展示された一群の作品の

中空へ駆け上がっていく力強くも清涼な躍動感をお感じになってください。

渡辺さんの綿密な展示構成で

この安藤忠雄建築の空間全体がアレンジされ

天井やカーテンまでもが作品に見えてくる不思議があります。

 

trois

 

1階troisのテーマカラーは赤です。

直線的でシャープなイメージの布の作品

そして立体作品が展示されています。

形はシャープですが

布のテクスチャーが持つ柔らかい陰影が

独特の深みをたたえています。

こちらも壁全体

空間全体がひとつの作品をなしているようで。

この空間的味わいも布作品の肌理(きめ)も

とても写真でお伝えできるものではありません。

ぜひ会場でご覧いただけることを願っております。

 

deux

 

一転してdeuxには

色とりどりのあざやかな色彩の小品が並びます。

形もさまざまな作品たちが

楽しげにダンスをするように壁一面を飾ります。

そして展示室の奥には

巻いた布か紙がめくれたような立体作品が数点

真鍮のスタンドの上に。

 

deux2

 

この立体作品

何でできているように見えるでしょうか。

何とステンレス

金属なのですね。

滑らかな表面がとても繊細に光を受けて

窓のそばに展示されているのですが

日射し

時間によって驚くほどちがった表情をみせます。

 

duo2

 

こちらは展示作業中のひとコマ。

作品制作のパートナーでもある植松奎二さんと

お二人はいつも一緒で

作業をご一緒していても

お二人のお互いへの信頼の深さが伝わってきます。

 

talk

 

1月9日には池上司さんを聞き手にお迎えして

作家トークが催されました。

近年のフランス、中国、韓国での展覧会

そして昨年の川村記念美術館の展示の写真を見ながら

渡辺さんが作品を解説

池上さんはいくつかの切り口で

渡辺さんの作品を鑑賞する仕方を示されました。

 

1月23日には

渡辺さんのピアノ演奏会が会場で催されます(要予約)。

 

マスクの着用

消毒など

みなさまにご協力をいただきながら

会場は常に換気をおこない

感染症対策を心がけております。

みなさまのご来廊を心よりお待ちしております。

(スタッフT)