ギャラリー島田には、個展としては初登場の戸田勝久さんです。

展覧会紹介ページはこちら

 

今までのご登場は2014年と2015年の二度。

一度目は、2013年に99年目で閉店した海文堂を惜しむみなさんとともに、100周年を祝う(感じる)展覧会として2014年に企画した展覧会、

「海文堂生誕100年まつり「99+1」 http://gallery-shimada.com/?p=1918

二度目は、その海文堂の名物書店員だった平野義昌さんが『海の本屋のはなし —海文堂書店の記憶と記録』(苦楽堂)を出版されたタイミングに企画した展覧会、

「本への偏愛 Partiality for Books」 http://gallery-shimada.com/?p=2972

 

そして、三度目の今回は満を持しての個展ご登場ですが、やはり

戸田さんと言えば『本』!

今回は、deux の林哲夫さんとともに、ギャラリー空間にそれぞれに書店を開店していただきました!

 

展示作業は、軸装を担当された光珠堂さんにもお手伝いいただきました。

DSC06197

DSC06206

お軸なのに、なんだかオリエンタルの香り。貴重なインド更紗が使われていたり、でもとても可愛らしくって…

短冊はクリスマスの絵。12月ならではですね!

DSC06210

こちらは古書コーナー。戸田さん選りすぐりの古書が並びます。

ほかにも、季節柄嬉しいクリスマスカードなどもご用意していただきました。

 

絵の展示は、「回顧展みたい!」とご本人が仰るほどの充実ぶり。

IMG_9114cs

イナガキ・タルホが徘徊した神戸の街にちなんで、神戸の風景もあちらこちらに。

IMG_9171tsb

「いらっしゃいませ。店主の戸田です!」と笑顔の戸田さんがお迎えしてくださいます。

そして、めくるめくどこまでも楽しい戸田節が繰り広げられますヨ。

ファンの方がとても多いのも納得の、チャーミングな戸田さんに、

是非、お出会いくださいませ。

 

戸田さんは、土・日・月・火に在廊されます。

※水曜日は休廊です。ご注意ください。

 

12月12日の

第384回 神戸塾 土曜サロン

スペシャルトークイベント「本くらべ、ハンター坂の晝さがり」
林哲夫×戸田勝久

 

は、満員御礼。おってレポートさせていただきます!

 

(容)