2020年最後の展覧会が始まりました。

1F deuxでは、「林哲夫書店」が開展しています。

展覧会紹介ページはこちらから。

DSC06111

運びこまれた作品と古書を目の前にして、スタッフも早くオープンした様子を見たい…と心が躍ります。

DSC06112DSC06122

油彩画や水彩画、写真、オブジェ、コラージュなど、技法の多岐にわたる作品をご覧いただけます。

 

DSC06132

古書を並べる店主・林哲夫さん。 木製のアンティークなローテーブルは林さんにお持ちいただいたものです。

DSC06133

小説、エッセイ、画集、外国の絵本…バラエティ豊かな本がずらりと並んでいます。店主曰く、その数は数千ほど。 経年を感じる味わい深さも相まって、一度覗けばずっと本の世界に入り込んでしまうような、探求心や好奇心を湧きたたせられます。思いがけない素敵な一冊との出会いがあるかもしれません。

DSC06134

 

 

林さんは主に土日在廊される予定です。ぜひお出会いください。

同会期中、向かいのtroisでは、戸田勝久さんの「摘星書林」が開展しています。

二つの書店巡りをぜひお楽しみください。

 

(F)