B1F unでは吉田淳治さんの作品展「絵画風景 WATERCOLOR Ⅱ」が始まっています。

展覧会紹介紹介ページはこちらをご覧ください

トークお客様

作品展初日に島田誠がお話をうかがう形で吉田さんのトークが催されました。

愛媛県・宇和島ご出身の吉田さん。

東京時代に洲之内徹氏の現代画廊で初個展を開かれたそうです。

その後「何年か宇和島で描いて、また東京に戻ろう」というおつもりで帰郷したということですが、そのまま東京には戻らず宇和島で制作を続けてこられました。

トークお二人

今展覧会では油彩画と水彩画が展示されています。

油彩画に比べ、水彩画はより自由な気持ちで、一気に描けるのだというお話。

「絵の具が乾く速さと競走するように」と400m走に例えていらっしゃいました。

それでいて油絵かと思うような強い質感が画面にあらわれていることに驚かされます。

展示前

 

さて、ギャラリー島田では先日まで故 須田剋太さんの展覧会を開催していましたが、『街道をゆく』の取材で司馬遼太郎さんと須田剋太さんが宇和島に来たとき、吉田さんがお二人をご案内した、そんなご縁があったそうです。

特に司馬さんは宇和島のファンになって、以来十数回も宇和島を訪れたのだとか。

……というお話に会場が驚いているところに、「でも、作家の吉村昭さんは50回以上来たんですよ」と。

いったい宇和島とはどんなすばらしい土地なのでしょう。いつかぜひ行ってみたいものです。

DSC04563

「宇和島の自然は好きです」と話す吉田さん、ただ制作をするときには何を描くというイメージはもたないそうです。

「身体に蓄えられたものを何も考えずにまず描く、そしてその反応として次、またその反応としての次……」

それが吉田さんの深く豊かな色彩の世界を生み出しています。

展示作業中にうかがった、子どもが何かの衝動に駆られて吉田さんの作品の、その色に飛び込もうとした(すんでのところで誰かがその子をとめたそうですが)というお話がとても印象的でした。

ですが吉田さんの作品の前にたたずんでいると、その子の気持ちがわかるような気もするのです。

DSC04611

 

ご来廊を心よりお待ちしております。(T)

すっかり暖かくなりましたね。

ギャラリー島田は坂の上なので、ここまで登ると暑いくらいですが、地下会場 unのひんやり具合がほどよいです。

 

unで開催中の須田剋太展、須田さんの未発表作品とあって、初日からたくさんの方にお越しいただいています。

DSC04391cts

「街道をゆく」にも同行し、須田さんと親しかったカメラマンの長谷忠彦さんが残された作品の数々。

写真に写っている「切断」、これにはおもしろいエピソードが。会場に来られたら、ぜひぐっと近づいてみてください。

Kさん(長谷さんの娘さん・写真右)が、ほとんど毎日在廊予定です。いろんなお話を聞かせてくださいますよ。

DSC04393cts展覧会情報はこちら

「いい展示になりましたね」と蝙蝠。

「せっかくの作品、多くの方にみていただけると嬉しいです」とKさん。

今回の展覧会は鑑賞するだけでなく、会話の生まれる展覧会のようです。はじめて会ったお客さま同士でも、須田さんのこと、長谷さんのこと、作品のこと、街道をゆくのことなどなど…気づけば一緒になって楽しまれています。

DSC04454cts

たくさんの資料もご用意していますので、ぜひゆっくりとご覧ください。

 

また、大変貴重な作品たちですが、ほとんどの作品を販売しています。

須田剋太展は5月22日(水)まで。どうぞお見逃しなく。

 

スタッフM

1F trois(トロワ)では、やきもの造形作家・植田麻由さんの展覧会を開催しています。

展覧会紹介ページはこちらをご覧ください

 

DSC04402

展示日。梱包を解くたびカラフルで不思議な形の作品が現われます。

次はどんな形がと、包みを開くのが楽しくて仕方ありません。

 

DSC04404

なめらかで色鮮やかなやきものと、野性的な石の組み合わせが何ともいえず魅力的です。

石は御影石や、釉薬の原料に使う長石だそうです。

 

DSC04421

写真は植田さん。

日が暮れても入念な展示作業が続きます。

 

DSC04460

そして日が暮れて驚きました。

陶の表面に蓄光の素材があしらってあって、暗くなると光るんです!

 

DSC04462

光るんです!

ちょっぴり妖しい感じでかわいいですね。

 

DSC04459

ミステリアスな形、ユーモラスな形。大きさもさまざまな作品が並びます。

皆様の心の形に合った作品ときっと出会えるのではないでしょうか。

 

DSC04455

会場では植田さんの作品の写真集もご覧いただけます。

これまたページをめくるたびに次々と楽しげな形の作品が目に飛び込んできます。

 

ご来廊を心よりお待ちしております。(T)

1F deux(ドゥー)では辻井潤子さんの5年ぶりの個展を開催しています。

シンガポールにお住まいの辻井さん、作品の方が一足先にギャラリーに届きました。

DSC04342

荷解きをして現われた作品たち。

その鮮やかさにスタッフ一同、息をのみました。

写真では伝わりませんが、手前の黒い地のシリーズの表面には、それは美しい光沢があります。

彩色した上から、ある種の樹脂のコーティングによって生み出された艶(つや)です。

DSC04347

そうして迎えた展示日。辻井さんも到着して作業にかかります。

「ここはどうでしょうね?」と辻井さん(右)。

「そうですねぇ…」と展示構成のお手伝いをするスタッフH。

DSC04350

「ここの窓はふさぎたくないなぁ…」

そう、deuxの西側の窓の壁は着脱式なのですが、思案の結果どんな展示になったかは会場にてのお楽しみです。

午後の日ざしが作品を柔らかく彩る、すてきな展示の仕方になりました。

DSC04351

さて、次はあちらの壁をどうするか…。

お向かいのtrois(トロワ)のウィンドウ面です。

DSC04352

「あー、悩む…」

DSC04354

まだ悩んでいます。

どこに絵を置くかもそうですが、辻井さんの作品はまた、どの方向で飾るかということがあります。

辻井さんご自身が、どの向きで見てもいいようにと、いってみれば無重力的に作品を描いていらっしゃるのです。

向きを変えるたびに作品の新しい相貌が、新しい魅力が次々と現われます。

DSC04357

大学時代の同級生で建築家の島田陽さんが様子を見に来られました。

展示のアドバイスを請います。

DSC04367

蝙蝠社長です。

DSC04371

日が暮れて、最後には辻井さんの旦那様も加勢に来てくださいました。ご夫妻ともにアーティスト。

真ん中は一日お手伝いをしてくださったお友達のIさんです。

皆さんのお力もあって素晴らしい展示になりました。

 

会期が短めですので、どうぞお見逃しなく。

会期中、辻井さんは毎日在廊の予定です。

皆さんの前で、作品の向きもくるくると変えて見せてくださいます。

 

ご来廊を心よりお待ちしております。(T)

 

 

今日から元号が変わりましたね。

 

今年からはじまったコレクション+(プラス)。これまでのコレクション展とは少し違います。

コレクション作品だけでなく、テーマに沿った近作や新作を出品していただくことで、ひとつの展覧会としてより豊かな、充実したものを目指しています。

 

今回のテーマは「ゆらゆらり」。

自然や宇宙をキーワードに選ばれた作品が並びます。

DSC04304cts

展示構成について話すウグイスさん。ふむふむと聞く蝙蝠さん。

出品作家は以下の通りです。

大森翠、岡田久美子、河合美和、住谷重光、高原秀平、東端哉子、岡野耕三、杉本裕子、須浜智子、クボタケシ。

展覧会紹介ページはこちら

DSC04341cts

本日は曇り空。ときどきゆるやかな雨が降っています。

雨のゆらゆらりはしっとりとなにかを内に湛えているようです。

 

緊張やストレスの多い日々ですが、自然と人のあわいでひと時を、

ゆらゆらりとお過ごしください。

地下で開催中の岡田久美子展との響き合いもお楽しみいただけるかと思います。

 

コレクション+はさまざまな切り口で今後も続いてゆきます。

どうぞお楽しみ。

 

(M)

この新緑の季節にぴったりの岡田久美子さんの作品展です。
展覧会の紹介ページはこちらをご覧ください緑の大作

葉叢(はむら)や木立を描いた油彩の作品がギャラリーの壁を飾ります。
その中へお立ちになれば、そうした目に見える自然に取り巻かれているのと同時に、そうした自然が発散する目に見えない空気に包まれるのをお感じになるのではないでしょうか。

時間の立像

インターンのKさんが人間イーゼルになって高さを決めているところですが……
夕暮れの景色でしょうか、それとも朝靄(もや)の。
この二枚一組の作品を目にしたとき、それは見るというより、まさに絵を浴びるという体験でした。
ギャラリーの玄関正面で、こちらの作品が皆様をお迎えします。

大作の展示

大きな作品が何点も。
生い繁る緑を描いた三幅の作品の前に、岡田さんがぜひここでと椅子を置いていらっしゃいます。
くつろいだ気分で、作品の放つ気をどうぞ全身でお受けになってください。

バルテュスの娘たち

ひとつの壁面を「バルテュスの娘たち」と題された水彩画のシリーズが飾っています。
そのタイトルには画家とモデルとの特別な関係性をめぐる岡田さんの思いが込められています。
同系色で色付けられたお洒落で清涼感あふれる女性たちです。

光の名前(展示)

会期は5月8日(水)までです。連休のお出かけにぜひどうぞ。
ご来廊を心よりお待ちしております。(T)

1階 troisで「コレクションの力 生きる者たち」が始まりました。

展覧会紹介ページにもありますように、「真摯に『生きる』ことに向き合った作品」をテーマに、当ギャラリーの膨大なコレクションの中から作品を選び、展示しています。
matsunaga

今コレクション展のタイトルにもなっている松原政祐さんの「生きるものたち『誕生』」。

window

振り返ると展示室の大きな窓の外はうららかな春の日。
神戸では桜もおわり、植物界は先日までと打って変わってどこか鳴りをひそめたようにも見えますが、まぢかに迫った爆発的な繫茂の時期を前にそれぞれの内側でエネルギーをみなぎらせているのでしょう。
今回展示されている「花」「樹」そして「根」も、外から見える形を描いたというより、その内部にたぎる生命力を捉えているかのようです。

higashikage_mori

生はときに喜ばしく、またときにいたいたしく、そして死のかげりとも切り離せません。「生きることに向き合う」とは、そうしたものから目をそらさず、じっと見据えることでもあるのでしょう。作家の皆さんのそのまなざしの厳しさ、深さが私たちの心を揺さぶります。

minami
一方でまぶしいぐらいの命の輝きを外へ放射するかのような作品も。
もうすぐにそんな季節が来ますね。

tenji

今回初めての展示作業だった新人インターンのYさんも、若々しさを振りまきながらしっかり活躍してくれました。

izuno

伊津野雄二さん、東影智弘さんの立体作品、植松永次さんの陶作品も展示されています(非売作品も含まれます)。

chuda_uno

ほかに、木下晋さん、藤崎考敏さん、忠田愛さん、宇野マサシさん、石井誠さん、毛利そよ香さん、渡邊敬介さん、武内ヒロクニさん、アーリング・ヴァルティルソンさん、沢村澄子さん、加川広重さん、上村亮太さんの作品を展示しています。

テーマをしぼっても、あの作品も、この作品もと、ご覧いただきたいコレクションにはきりがありません。今年からは「コレクション展+(プラス)」として、いっそう充実した作品展を開催していきます。

このすてきな季節に、どうぞお運びください。
(T)

DSC04146cts展覧会紹介ページはこちら

約4年ぶりにご登場いただく松井鮎子さん。

東京にお住まいのため、なんども下見はできません。図面や写真とにらめっこして、構成を練ってきてくださいました。

さっそく一番心配だった入り口付近の展示から。天井に細工をして、思い描く空間を作り上げてゆきます。

高所作業要員、一番の長身スタッフYがかけつけてくれました。

DSC04151cts

入念な準備のおかげで入り口の展示はスムーズに完了!

と、まだ一息とはいきません。

思わず撫でたくなるような、抱きしめたくなるような、美しい球体が続々と現れます。

DSC04226cts

作品を覆う数え切れないほどの線は年輪ではなく、なんとすべて手作業で生み出されています。

会場で実際にご覧になりながら、秘密を聞いてみてください。

松井さんは本日月曜日まで在廊されていますが、23日、24日も在廊予定です。

松井さんが不在の際には、お気軽にスタッフへお尋ねくださいませ。

 

スタッフ(M)

 

1F deux(ドゥー)ではマサル・マツハラさんの作品展が開催されています。
ギャラリー島田6回目となる今展覧会のテーマは「ワーグナー」。
ワーグナーの音楽に触発されたイメージを自由に、ときにシュールレアリスティックな手法で描いていらっしゃいます。

展覧会紹介ページはこちらをご覧ください。

展示1

作品も緻密ならば展示も緻密で計算の行き届いたものです。
展示空間のすべてをご自身で作り上げられました。

看板

スタイリッシュな看板も隙のない空間を構成する大事な要素です。
ここからマサル・マツハラさんの世界はもう始まっています。

作品1

リヒャルト・ワーグナー。
「ニーベルングの指環」や「パルジファル」などの「楽劇」で有名な19世紀の作曲家です。
「ワーグナー作品に詳しいとは言えないんですが」と謙遜されながらも、「聴いていると落ち着くんです」とマツハラさん。

作品2

それにしても何という細密なタッチ。
蝙蝠社長も「これは細部を楽しんでいただこう」と会場にルーペをご用意することになりました。
ワーグナーの「無限旋律」に導かれて、どうぞマツハラさんの無限の細部に分け入ってみてください。

展示2

今展覧会、会期は4月18日(木)までと少し短めです。どうぞお見逃しなく。
ご来廊を心よりお待ちしております。

(T)

 

 

IMG_2866 IMG_2868本本日、雨、展覧会最終日。16時までです。

 

写真は4月4日の午後4時過ぎに撮れたもの。

たまたま、目に止まり、携帯で撮れたもの。カメラを撮りに行って、戻ってきた

時には、もう、この風景はありませんでした。

また、こういう ひととき が訪れますように。 (スタッフ 林)