ギャラリー島田での前回の個展が2014年、

2度目のご登場となる貝塚理佐さんです。

展覧会紹介ページの文章でもお書きになっているように、

古来から自然の情景に思いを託し詠まれてきた和歌の精神に心を寄せつつ

制作をされたそうです。

自然をありのまま写実的に描くというよりは、

自然に触れたときにわきおこる感覚や、

その感覚の記憶、

そういううつろいやすいものがイメージとして絵の中に留められているようです。

絵をながめる私たちのなかにも、静かにそんな感覚が呼びさまされます。

 

月の桂

 

「夜」や「月」ということばをタイトルにもった作品が多く並びます。

カツラの木を描いたという作品は、万葉集の湯原王の歌、

 

目には見て手には取らえぬ月の内の楓(かつら)のごとき妹をいかにせむ

 

を思いつつ描かれました。

中国には、月にカツラの木が生えているという言い伝えがあるのだそうです。

それは高い理想の象徴としての木で、湯原王の歌は意中の女性をそのカツラに例えて詠まれています。

 

DSC09073

 

そういう月と夜の静かな森を通り抜け、不意にこの作品を前にして、

驚きに思わず声が漏れてしまいました。

貝塚さん自身がお撮りになった写真の上に、蜜蝋などを使って描かれています。

先ほどまでの静謐な世界と打って変わって、とても現代的な、

神経に直結してビリビリと刺激を伝えてくるような鮮烈さです。

この作品の前に立たれて、皆さんはどんなふうにお感じになるでしょうか。

 

DSC09075

 

ほかにも和紙にプリントされた、独特の美しい陰影をもった写真のシリーズが展示されています。

記憶の深いところに眠る草むらの光景が、そこで神経叢の形と一緒になってしまったかのような…

 

会期は11/21(木)までです。

どうぞお見逃しになりませんよう。

みなさまのご来廊を心よりお待ちしております。(T)

 

ギャラリー島田では初めての展覧会となる細馬千佳子さんです。

展覧会紹介ページはこちらをご覧ください

北大西洋に浮かぶフェロー諸島でのアーティスト・イン・レジデンスを終えての個展。

今回そのフェロー諸島で制作された作品も展示されています。

陣中見舞い

写真は、展示中の細馬さんの陣中見舞い(?)にいらっしゃった松谷武判さんと神野立生さん(前日まで松谷さん、神野さんの「四人展」が同じ会場で開催されていました)。

写真の右手前、大きな大きな黒い絵具のしずくがひとつ落ちて、それが飛び散ったかのような作品があります。

ですが、その塗りこめられた中心をよく見ると、冷え固まった溶岩の亀裂からまだ熱い溶岩が燃えているのがのぞいているような、いくつかの色がちらちらと見え隠れしています。

また、フィルムに彩色された小品は、ほとんどデジタル作品かと見紛うような鮮やかさと油彩の深みをあわせもった、それは美しい作品です。

赤を垂らす

さて、展覧会初日には細馬さんによるパフォーマンス(公開制作)が行われました。

敷き詰められた白い布。

その上には回転する台。

黒い衣装に身を包んだ細馬さんが、白布の上のフィルムに赤い絵具を注ぎます。

赤をぬぐう

その絵具が布の上でまた別のフィルムに移されたかと思うと、今度は何とそれが高々と吊り上げられ、台の上に赤い雫を落としはじめました。

すかさず細馬さんが台を回転させはじめます。

落下する絵具のその偶然に委ねながらも、そこに形が与えられていきます。

フィルムを高く掲げたまさにそのときでした、さーっと風が吹いてフィルムを揺らし、その風の形までもが作品に刻まれたかのようでした。

赤を持ち上げる

居合わせた誰もが最後まで息をのんで見守り、作品が完成してスッと緊張が解けたとき、皆不思議な感動に襲われました。

そこに立ち会った私たちにとっては、それは出来上がった作品というより、そのとき、その場所、あの風、そしてそれを見つめていた私たち自身の何かしらもそこに刻印され息づきつづけている、そういう何かでした。

俯瞰

会期は11月20日までです。

今回のパフォーマンスで制作された作品、また同日に公開制作された「チェーンダンス」という作品もご覧いただけます。

皆様のご来廊を心よりお待ちしております。(T)

ボードとビン

ギャラリー島田には、2年ぶり3回目の花井正子さんです。

DSC08896cts

デザイナー廣村正彰さんをお迎えしてのギャラリートーク。

決してまっすぐな一本道ではなかった「絵描き」までの道のりや、

そのために捨てたもの、選び取ったもの。

四半世紀のおつきあいという廣村さんが、絵描き花井正子の核心に迫りました。

DSC08934cts

やむにやまれぬもの、私が描くしかないものを描く。

そこには、どうしても「原風景」が現れるという。

DSC08597cts

さびしいのに、あたたかい。冷静なのに、突き動かされる。遠いようで、寄り添う。

アンビバレントな感覚に、こころが揺れる。…どこか、なつかしい。

この感覚こそが、花井さんの言う原風景なのかもしれません。

DSC08656cts

花井さんの作品に描かれる、不在。

たしかに存在したものの気配が、ひかりとなって溶け込んでいます。

今回は、花井さんが、「ことば景」と呼ぶ詩も展示されています。

絵と詩と、あわせてゆっくり味わってください。

DSC08591cts

展覧会情報はこちら

(K)

個展は8年ぶりの高木さん。

前回2011年の展覧会ページはこちら。タイトルは「ドゥリーム☆パラダイス」

そして、またその前の2009年の展覧会ページはこちら。タイトルは「ロマンチック・パーク」

そして、今年は「サーカディアン・リズム」。体内時計。今までは、パラダイスやパーク、自分がいる外側の世界のようなタイトルでしたが、今回は、なんだか内に向かっているような、自分の中にあるリズム。時を刻む鼓動。とってもしっくりくる素敵なタイトルだなぁと思いました。

展覧会紹介ページはこちら

高木DSC08581

展示風景その1. 棚の上には、案内状の作品がおかれました。ハガキには作品の一部分がトリミングされています、実物は長い巻物のような作品。日々の中で少しずつ描き足されていきました。

高木さんは、好きなもの、愛着のあるもの、おもしろいもの、独自の感性で大切にコレクションされたものたち。玩具、人形、置物、が絵の中に登場人物として描かれています。その背景にはこれまた独自のイマジネーションの物語が流れていて、それはこわいような、せつないような、おもしろいような、色々混ざってそこにあるように思います。

高木DSC08576

そして、透明感がある、美しい色彩、色使いが高木さんの持ち味だと思います。夢のような、やはりパラダイスやロマンチック、などの言葉のイメージの空気感ただよう、そんな色にうっとりします。

今回は、ゆったりと、さわやかに、空間に高木さんの世界が広がっていますよ。

高木DSC08580

 

8年の間に高木さんはお母さんになりました。そんな日常の変化の中で、絵を絵描くこと、作家としてどうあるか、表現していくこと、展覧会をすること、など、きっときっとたくさん思い、考え、色々問われ、問いかけながら過ごして来られたのだと思います。

そして、今回、それがとっても自然な形で、この展覧会につながったように思います。変わらないものと、変わるものが素敵に交差するような空間。これからももちろん、とても楽しみです。

それぞれの作品のタイトルも、面白いので、是非お話し聞いてみてください。

展覧会ははじまったばかり、神戸文化祭の新聞片手に是非見にいらしてくださいませ!

*神戸文化祭は11/17日まで開催中でーす。

スタッフ:林

 

ギャラリー島田2回目の個展となる福島千佳さんです。

今回、スウェーデンの中島由夫さんのもとで制作された作品を中心に、タイ、デンマークなどで描かれた作品も展示されています。

展覧会の紹介ページは、ギャラリー島田のホームページをご覧ください。

 

DSC08517cts

 

展示日。荷解きをされた作品を並べただけでもう部屋がガラリと明るく変わるのに驚きました。

繊細な線と鮮やかな色彩が楽しげに踊る作品たち。

塗りこめられた厚みのある台と一緒になって、何か凝った細工のお菓子のようにも見えたり(おいしそう…)。

 

DSC08515cts

 

お仲間たちが手伝ってくださり、みるみる展示は進んでいきました。

前を横切っているのが福島さん。毎日在廊の予定です。

 

DSC08523cts

 

写真左の、三つ組の作品のタイトルは「風  人  天」。すてきな作品ですね。

天使かと思う無垢な表情に見入ってしまいます。

 

福島さんに、「ここでこの絵は完成」というポイントははっきりとありますか、とお尋ねすると、

「手が最後に、自然と自分のサインを入れるんです、そのときが完成です」と。

ちょっと不思議なお話でした。

そうそう、そのサインをどこに書き込んだのか、ご自分で分からなくなることもしばしばなのだそうです。

作品をご覧になりながら福島さんのサイン探しをしてみるのも楽しいかもしれませんね。

 

DSC08546

 

「絵の小窓」というかわいらしい小品のシリーズです。

 

DSC08522cts

 

ウィンドウに飾られた作品もどうぞお見逃しなく。

 

会期は11/7(木)までです。

秋の日のお出かけにどうぞ。

皆様のご来廊を心よりお待ちしております。(T)

DSC08537cts

現在ギャラリー島田にて開催中の「アーティストが招待する 堀尾貞治、神野立生、ダニエル・ポントロー、松谷武判 四人展」のオープニングが昨日10月26日に行われ、たいへん多くの方にお集まりいただきました。

DSC08362

松谷さんからは東洋と西洋の美の意識の違いを意識しながら制作をしてこられたというお話、そしてポントローさん、神野さんとの出会いを振り返りつつお二人をご紹介いただきました。

 

DSC08374

image4

また、昨年亡くなった堀尾さんとの思い出を語ってくださいました。

今展覧会の会期中に堀尾さんが亡くなった日から1年を迎えることになります。

 

DSC08401

会場に入りきれないぐらいのたくさんのお客様です。

 

DSC08426

気さくにサインに応じてくださる松谷さん。

 

DSC08429

1階のdeuxとtroisの様子です。

 

DSC08445

 

DSC08464

松谷さん、ポントローさんと歓談する島田誠。

今展覧会の会期は11月6日までです。どうぞお見逃しなきよう。

ご来廊をお待ちしております。

 

DSC08458

フランスにお住まいの山田晃稔さんより、ポンピドゥーセンターで開催された松谷武判展の写真が届きました。

ギャラリー島田では10月26日(土)より、松谷武判さんのプロデュースによるグループ展、「アーティストが招待する 堀尾貞治、神野立生、ダニエル・ポントロー、松谷武判 四人展」を開催します。どうぞお楽しみに。

PastedGraphic-1

PastedGraphic-3

その2PastedGraphic-9

その2PastedGraphic-10

その2PastedGraphic-12

その2PastedGraphic-13

その3PastedGraphic-18

その3PastedGraphic-20

その4PastedGraphic-21

 

ギャラリー島田「TRANS- に向けて」シリーズ No.4

アーティストが招待する「堀尾 貞治、神野 立生、ダニエル・ポントロー、松谷 武判 四人展」

会場:B1 un,1F deux

会期:2019年10月26日(土)- 11月6日(水)11:00-18:00 ※最終日は16:00まで

展覧会情報はこちら

初日16時からは【Vernissage / オープニング】もございます。

ぜひお運びください。

 

3年ぶりとなる高濱浩子さん、展覧会紹介ページはこちら

DSC08078cts

 

初日12日は台風到来で、どうなることかと思いましたが、無事オープンすること

ができました。

翌13日17:00からギャラリートーク「高濱浩子と林淳子」。

ギャラリーいっぱいのお客様が来て下さり、皆さんが一点に集中するようにお話

を聞いて下さいました。

DSC08121cts長いお付き合いの島田と高濱さん、そしてわたくし。終始笑顔。

今回の展覧会について、タイトルがあるもの、ないものについて。

展示について、入って正面の壁、最初に決まった作品シリーズについて。

DSC07840cts

宮澤賢治の星めぐりのうたがテーマになっています。言葉のイメージは絵が描か

れたあと、浮かんできたとのこと。

絵のたたずまい、この場所に、あの作品を、とかこの作品は出したくないなぁ

とか、やりとりを経て、でも結局展示してみたらとてもしっくりくるように飾

られました。

DSC07842cts

トークにも登場した、展示作業中のミラクル。作業中、台風が来る前とあって

か、とても暑いのでクーラーを入れると風が吹いて、ネパールの紙に描かれた

絵がふんわり動き出しました。これはこの時だけの風景。今は、動かないよう

とめられていますが、絵が生きてるような、浮かんで透けて見える感じがなん

ともきれいでした。

私がギャラリー島田につとめ始めたのが2001年6月、高濱さんがギャラリー

島田で展覧会を初めてしたのが、同年12月。あれから18年。最初は右も

左もわからない私。高濱さんは、あれから舞台美術のお仕事したりインドや

スペイン、フィリピン、東北などなどいろんな場所を旅されて、表現し続け

てこられました。

神戸、平野という場所でご近所さんであり、町のイベントをご一緒したりの

わたしたち。いつも、偶然ばったり必然的に出会うわたしたち。

 

ギャラリーでの展覧会に挑むということはとても緊張することですが、

そんなあたりまえの日常、日々の中に表現があって、その延長にこうして

ギャラリーで展覧会が開催されるということ。

そして言葉で伝えるトークの時間を通して少しでも、見に来られる方が

ギャラリーに来て作品を見たり作家さんと出会ったりすることを身近なことと

して感じてもらえたら嬉しいです。DSC07837cts

展示作業って、何とも言えず、とっておきの時間だと思います!

 

今回の展覧会DMをデザインしてくださった、ニコールさんが、素敵な展覧会

冊子もデザインしてくれました。

会場にて500円で販売しております。是非お手に取ってみてください。

作品にそえられた、高濱さんのメッセージ、言葉も絵とともに受け止めて下さい。

高濱さんは、毎日在廊予定です。ご来廊、お待ちしております。

 

スタッフ:林

 

 

B1F un と 1F deux では、島田陽 タトアーキテクツ展がスタートしています。

展覧会紹介ページはこちら

DSC07962s

建築の展覧会は、おそらくギャラリー島田はじまって以来初めてのことではないでしょうか。

この秋の神戸の最大級のアートイベント「trans-」に触発されての「trans- へ向けて」シリーズ第三弾です。

trans-のグレゴール・シュナイダーは建物好き(建物狂?!)ですが、

もちろん、島田陽さんも建物好き。空間がもたらすワクワク体験を誰よりも求め、楽しんでいる人です。

さて、今回の個展でも(実は個展など初めてのことだそうですが)、

ワクワク体験を求め、初めてのインスタレーション作品を設えていただきました。

DSC07822s

まずは作戦会議…

DSC07886s

どう見えるのかな…

展示作業の3日間は、もっとこうしたら良いのでは?一枚?二枚?違う素材?… など、

試行錯誤が繰り返されました。

DSC07921s

不思議空間に迷い込み、想いを巡らせる蝙蝠…

現実と非現実、見ている世界のこちら側とあちら側。反対側から眺めてみる。

きっと、普段設計されている建物でも、最後の最後まで、「もっと楽しく」「もっと心地よく」と

考え抜かれているんでしょうね。

1F deuxでは、設計された住宅の模型や写真、図面が設計コンセプトに沿って展示されています。

DSC07955s

DSC07957s

かなり見応えのある展示ですので、

お時間ゆるすかぎり、じっくりゆっくりご覧いただきたいと思います。

ご来廊お待ちしております!

******

そして、事前にお問い合わせを多数いただいておりました、トークセッションの開催がついに決定いたしました!

(直前ですみません…!)

——————————————————————————————————

トークセッション①
西澤徹夫 (建築家)×島田陽(建築家)×林寿美(インディペンデントキュレーター)

2019年10月19日(土)18:30~20:00 B1 un にて  [ 要予約(定員40名)・会費1000円 ]

ゲストに2020年にリニューアルオープンする京都市美術館の共同設計者である西澤徹夫さんをお招きし、建築の展覧会について、後半は、神戸で開催中のアートイベント TRANS- のディレクター 林寿美さんにも加わっていただき、開催中のTRANS-、地方におけるアートイベントについて対話します。

——————————————————————————————————

トークセッション②
五十嵐太郎(建築史家・建築評論家)×島田陽(建築家)×林寿美(インディペンデントキュレーター)

2019年10月22日(火・祝)18:30~20:00 B1 un にて  [ 要予約(定員40名)・会費1000円 ]

ゲストに建築史家・建築評論家の五十嵐太郎さんをお招きし、建築の展覧会について、後半は、神戸で開催中のアートイベント TRANS- のディレクター 林寿美さんにも加わっていただき、開催中のTRANS-、地方におけるアートイベントについて対話します。

******

 

こちらも、大変貴重な機会です。どうぞご参加お待ちしております。

 

(や)

9/28(土)よりB1F unにてスタートしました、

ギャラリー島田初登場となる栗田紘一郎さんの展覧会がスタートしております。

展覧会紹介ページはこちら⇒

 

なんと、島田と同い年で同じお誕生日(11月14日)という栗田さん。

なんというご縁なのでしょう。

10月1日(火)18:30からは、大谷記念美術館学芸員の池上司さんとのトークが

あり、30名近くのお客様にお集りいただきました。

写真は、展示作業終了後、初対面の池上さん(右)と作品を指さしておられる

栗田さん、栗田さんの奥様とのお話されているところです。

 

IMG_3937

 

指さしておられる場所、つまり、スタッフの座っている受付後ろには、今回の展覧会で

最近のシリーズの作品が展示されています。

一点もの(エディションは☆/☆)となっています。

シアノタイプというブルーの作品で「Walking ♯1」というタイトル。

お散歩中に出会った、植物。紙は二層になっていて、栗田さん手書きの文字と写真が

一体となり見えてきます。

近づいてご覧なりたい方はぜひスタッフまでお声がけ下さい。

 

展示1

 

展覧会は1987年から、2018年の作品、18点が展示されています。

見た方から、これは絵ですか?と問われる方が多く、写真作品とお伝えすると、

日本画かと思ったと言われる方が多いです。薄い雁皮紙にプリントされている作品。

写真作品と聞いてイメージするものとのギャップがある方が多いのかもしれません。

トークでは、栗田さんが、「photography」という言葉が、「写真」と訳されて、

日本へ入ってきたことについても語られていましたが、

「光の絵」と聞くと、また印象が違います。

現実をうつしているのだけれど、現実をうつしとっているもの、というよりは、

撮る人の眼差し、がそこに表現されている、光の絵。

 

展示2

 

興味深いお話が次々と飛び出したトークでしたが、私が印象的だったのは、

フォトグラフィの魅力について。

うつすだけではなく、どれだけ作りあげれるか、ゲームのように、というお話。

そして、最後に写真とは何ですか?という質問に対する栗田さんのお答え。

「宗教であり、麻薬であり」というお言葉でした。

頭の中にイメージがあって、どれだけそれを作り上げれるかのか。

その作品を目の前にして、心地よく、そして厳しく、何かを問われていることを

ひしひしと感じています。

池上さんに、このギャラリー空間にとても合っていますね、と言っていただきました。

なんとも足がふわっと軽くなるような不思議な作品空間、

みなさんに感じてただければと思います。

 

スタッフ:林