sign-3

■著書

「ぼくのアメリカ覗き」自費刊行 1963年

神戸大学1年生の時に、母校、神戸高校合唱部がアメリカへ演奏旅行することになり、指揮者の柳歳一先生が体調を崩されたりして指揮できなくなった時のピンチヒッターとして私が指名されて同行した。シアトルから米西海岸を演奏旅行しながらロスへ、最後はハワイという3週間にわたる長旅である。その想い出を自費刊行した。
今、読めば青くさくて赤面の至りである。

「無愛想な蝙蝠」風来舎 1993年11月14日 品切・絶版

50才を区切りとして、今まで書いてきたものを纏めた。いわば、ぼくの処女出版で、風来舎の井原秀夫さんの協力をえて、楽しみながら作った。
第1章は「絵をめぐる」、第2章「まちをめぐる」、第3章「ぼくをめぐる」。
絵を訪ねての旅、作家たちとの出会い、ぼくの闘病記など、それまで発表してきた随想に手をいれて、ぼくの生き方、考え方を俯瞰できるようにした。

「蝙蝠、赤信号をわたるーーアート・エイド・神戸の現場から」神戸新聞出版センター 1997年

1997年11月1日 神戸新聞出版センター 242ページ 定価1,600円(本体)
カバー・表紙・本扉イラスト:グラハム・クラーク 章扉イラスト:佐野玉緒
第1章「私たちの街だから」
第2章「ゆっくり生きよう」
第3章「目指すは文化都市」
1995年1月17日、神戸を中心に大震災が発生。近代都市を襲った未曾有の惨事となった。毎月書店の業界紙に連載していた「震災の街から」を中心に、文化による神戸の再生を願って建ち上げた「アート・エイド・神戸」の活動のこと、生き方についてのエッセイ、そして神戸がもっと文化的に豊かな街であるための課題などを、震災直後の高揚した気分のままに書いた。いささか、熱くなりすぎたきらいのある、50才をこえての青春の書。

「忙中旅ありーー蝙蝠流文化随想」エピック 2000年1月17日

挿画・装画:藤崎孝敏 カラー2点 モノ 18点 定価1,300円(本体)
第1章「シチリアからチュニジアへ」
第2章「ロマンチック街道へ」
第3章「パリへ」
第4章「アムステルダムへ」
第5章「ベトナムへ」
第6章「イギリスへ」
1996年から1999年にかけて、海外へ旅した文化随想である。
人々と出会い、様々な文化を知り、歴史の重みに触れる。私を、離れ、私に戻る。見失いかけたものを、取り戻す、旅の醍醐味。

「神戸に豊な文化を」わくわく市民公開講座実行委員会 2001年

【Buy Now!!】

「絵に生きる 絵を生きる 五人の作家の力」島田誠 発行元:風来舎

244P 215×155mm 上製本
定価 2100円 (税込)

――プロローグ  絵に生きる
――火が燃える  松村光秀
――白に生きる  山内雅夫
――角をまがる  武内ヒロクニ
――哀しみの人々をうたう 高野卯港
――水が流れる  石井一男
――エピローグ  絵を生きる

■共著

「神戸発 阪神大震災以降」岩波新書397 酒井道雄編「神戸に文化を」

1995年6月10日 第1刷 現在 第6刷 631円(本体)
震災直後、3月には、この本の構想があり、私には神戸の文化と、震災についての執筆依頼があった。震災前から計画され、震災後も推進が表明されていた六甲山をくりぬいて地下に音楽ホールをつくる「六甲シンフォニーホール」を挙げながら神戸市のすすめてきた文化行政を批判的に検証し、震災以後の文化の在り方を提言。全体としては10人の共著。わたしは「神戸に文化を」(189~210ページを担当)

「神戸からの伝言」東方出版社「アート・エイド神戸」宣言 P59~64 1996年

「阪神大震災と出版」日本エディタースクール出版部 地域に生きる書店として P114~121 1996年

「都市に未来はあるか」(大震災と復興政策)法律文化社 P94~119 1997年

ボランタリー経済とコミュニティー(白桃書房)高島博・端信行 編著

第9章「文化NPOの現場からみた文化支援のあり方の一考察」P157~171 2000年

「神戸 震災をこえてきた街ガイド」岩波ジュニア新書 2004年

■寄稿

「ともづな」(神戸市民文芸集・創刊号)詩(竹中郁選) 佳作「死」1974年
私のモーツァルト マガジンハウス「ヴォルフガングの真実」 P61~63 1991年
ヨーロッパ商業事情視察団 報告書「成長から成熟へ」P6~7 1992年
仙台モーツァルト協会20周年記念誌「ケムシからの招待状」P6、7 1993年
「こうべロータリアン」“メセナ(企業の文化活動)について”1993年9月
「元町誕生120年 はじまりは、いつもこの街」“組合の枠を超えて”1994年
「階段」第13号「カナダから届いた手紙」P24、25 1994年
「なでしこ」第112号(阪急学園)巻頭「一冊の本に生きる」1994年9月
「都市の文化と災害」 日本都市学会年報シンポジスト P39-51 1995年
「神戸諏訪山広報」(諏訪山小学校)“三つの座標軸”1994年3月
「ひょうご創生への提言」 ひょうご創生研究会「NPOに期待する」103 1995年7月
「輪」78号 「アート・エイド・神戸」運動について P8、9 1995年
「輪」No92 アート・エイド神戸の7年 2002年
兵庫のペン 54号 対談・文化団体の役割と今後 1995年秋
KOCHEL ZERO(神戸モーツァルトクラブ)“暗闇の小さな明かり”1995年9月24日
「21世紀ひょうご」Vol.70 1996年12月
「文化NPOの現場から」P26~31
「福祉時代の地域貢献と文化芸術支援に関する社会経済学的研究」
フィランソロピー研究会(財)21世紀ひょうご創造研究所
「文化NPO(民間非営利組織)の現場から」P89~99 1996年3月
「芸術と生命」(財)たんぽぽの家「芸術文化が果たす役割について」P88~92 1997年
住民と自治1997/7 「市民文化・芸術創造の可能性を求めて」P32~33 1997年
[すべての知に新しい陽は昇る!]アート・エイド神戸活動記録集「文化NPOの現場から」1997年
文化復興支援フォーラム「震災復興と阪神文化の再生」1997年1月31日
[すべての知に新しい陽は昇る!]アート・エイド神戸活動記録集「ゴールは遠い」1998年
「社会開発・文化開発に寄与する非営利活動とフィランソロピーに関する学際的研究」
フィランソロピー研究会(財)21世紀ひょうご創造研究会 1999年
「文化NPOの現場からみた文化支援のありかたの一考察」P109~118
「神戸空港は希望の星か?」 鹿砦社 あとがき 1999年
「災害復興期におけるNPOの役割」神戸復興塾 1999年3月
被災者復興支援会議の活動記録「市民の立場として」P154 1999年
100年企業が語る21世紀の神戸(東京海上フォーラム)P74 1999年
芸術とヘルスケアのハンドブック(たんぽぽの家)“芸術文化が果たす役割について” 1999年
「阪神大震災 市民がつくる復興計画」教育・文化担当 2000年
こうべ芸文 No.72「神戸文化への提言」P15~18 2000年
「半どん」No.135,136“服部正先生追悼文「闘う人」”P171、172 2000年
季刊「ひょうご経済」No.66号“自己決定権のある自律社会を” 2000年4月
21世紀学会誌 第7巻“希望に向かって希望もなく” P21~25 2000年4月
「まほろば」No.25号(旅の文化研究所)“きまぐれ美術館巡礼”2000年10月
ボランティア学研究 Vol.5 [震災ボランティアの10年] P63~89 2004年
「阪神・淡路大震災10年 市民社会への発信」(文理閣)2005年 P78~90 P286~291
「半どん」144号「震災10年」2005年
季刊「メセナnote」69号 支援よりは志縁を 2011年6月号
「美術の窓」 2011年4月号「視点①」201年5月号 「視点②」
ARCT(Art Rivival Connection for TOHOKU)「1・17 神戸から 3・11 東北へ」

■新聞

神戸新聞 モーツァルト・イアーの終わりに 1991年12月22日
「震災が生んだ芸術検証」(論壇) 毎日新聞 1997年1月11日
「自ら支える社会、創造しよう」朝日新聞「主張・解説」1998年5月13日
「被災地から“心の豊かさ”発信」讀賣新聞「論点」1998年1月14日
「文化の社会基盤復興急げ」神戸新聞「論」1999年8月9日
神戸新聞 感性都市21 アート・エイド・神戸に幕 2002年

連載

神戸新聞 連載「風さそう」 美術館・博物館 23回連載 1995~1996年
神戸新聞 エッセイ360°連載(12回)
――2003年 4月12日 楔の方向
――5月17日 お金はさびしがり屋
――6月14日 不適応能力を磨く
――7月12日 クレモナより
――8月 9日 無言館
――9月 6日 知ったかぶりの勧め
――10月 4日 アメリカが遠くなる
――11月 1日 サロンにかける夢
――11月29日 心惹かれる「忌」
――12月27日 信念と頑固
――2004年 2月7日 支えあう関係へ
――3月 母からのDNA
神戸新聞「随想」
――1月28日 「楽しい寄付を」
――3月2日 「あなたはどこの階に住んでいますか?」
――3月16日 「人が人を殺してはいけない」
――4月4日 「アーツエイド東北」
――4月19日 「自らの人生においてヒーロー」

■批評紙

芸術批評紙「SHUPURITTER ECHO」
No.1 名倉誠人の現代性 2003年 6月
No.2 金時鐘のライブ 2003年12月
No.3 芸術による安全保障 2004年10月
『論々神戸』寄稿 2005/03/1 震災10年 文化芸術にも癒着
――44号 私に出来る小さなこと「Do Something」
――37号 11回目の冬。震災関連行事を鳥の目と虫の目で見る。
――17号 自立への財源探し MSI事業について
――10号 芦屋市立美術博物館問題を考える
――2号「兵庫空想の森大学」を夢想する
創刊 ゼロゼロ号 ベートーヴェンと私
兵庫県立美術館 ARTRAMBLE Vol.6 震災と美術 2005年

■雑誌

書店経営(東京出版販売)
――1995年 2月 きっと夢だ
――3月 一日も早く
――4月 大震災からの復興 店づくり・街づくり
――5月 文化復興に向けて
――6月 復興の掛け声のもとに
――7月 事務局、奮闘す!
――8月 半年がすぎて
――9月 とうもろこしの屋台
――10月 人間としての暮らしを
――11月 台風直撃
――12月 蝙蝠男として生きる
――1996年 1月 再販に思う
――2月 集団臨死体験
ーー4月 時代遅れでいい
――5月 直訴
――6月 神戸復興塾・入塾試験
――7月 違和感のある存在として生きる
――8月 愛はスフトクリーム
――9月 震災2年目にむけて
――10月 心の定期預金
――11月 夢のような毎日
――12月 デジタ氏とアナロ氏
――1997年 1月 どろあしのままで
「神戸からの伝言」サンデー毎日 5月7日 P46,47 1995年
雑誌「きんもくせい」(阪神大震災復興市民まちづくり支援ネットワーク)
――2000年 5月 アート・エイド神戸の活動
――6月 社会の脊髄としての文化
――7月 文化支援のための財源をどうするか
雑誌「神戸から」No.5「確かに集中治療室での体験を共有したのだ」1996年
「WAVE117 No.4」対談「NPO法は市民の自律をつくるか」
草地賢一 金川幸司 島田誠 1998年
「WAVE117 No.3」対談 稲垣美穂子 1998年
同 No.2 対談 中井久夫 1998年

雑誌「半どん」 2007年  現代の神様

「まち研ニュース」 2009年 まち研群像

「こども文化振興協会ニュース」 ぼくの中学時代「Ever Green」
季刊誌「視覚の現場~四季の綻び」 2011年9月 10号 時評6 「表現者としての画廊」
詩マガジン「ぽ」2011年秋号 ピロティ(巻頭) 「支援と志縁」
「ひょうご部落解放」2012年夏  このごろ思うこと 「東北への志縁」

「鳥取 万円筆博士の思い出」

「銀のスプーン」32号 イーブックカフェ京都,  2012年 「ゼロからの出発」

「復興塾―災害特集」――「東北の志縁ということ」  2011年秋

社会文化研究 第16号 都市への文化権  市民が文化を支える 2013年

ほんまに(くとうてん)No15[  海文堂へ  2013年

■画集・詩集など

伊津野雄二作品集「光の井戸」 芸術新聞社

―――大切なものはここに

KAWANISHI DESIGN WORKS―川西英が手がけたデザインの仕事 シーズプランニング刊 2014年

――――井の中の蛙(かわず)が見上げたもの

井上よう子 The way in the Blue  ギャラリー島田 2012年

――――根源にあるもの

「無垢の画家 石井一男」(BBプラザ美術館)
―――孤独な魂を抱いて 2011年
高野卯港画文帖「夢の道」 ギャラリー島田 2010年
―――存在の悲しみと、夢と現実のあわいのなかで
「中島由夫 The Son of the Sun」 明石市立文化博物館
―――北欧の太陽の画家
山内雅夫「Position」 ギャラリー島田
―――山内雅夫の宇宙軸
「しあわせ食堂」武内ヒロクニ+毎日新聞夕刊編集部 光人社 2009年11月
―――まえがき 武内ヒロクニの世界「ガジュマルの妖怪」
「絵の家」 石井一男 ギャラリー島田 (風来舎) 2008年
―――ふたたび絵の家へ
「絵の家のほとりから」 石井一男 ギャラリー島田 (風来舎) 2009年
―――光と水脈
「高野卯港スケッチ帖」 風来舎 2009年
―――帽子をかぶった卯港さん
「神戸百景」 川西 英が愛した風景 シーズ・プランニング 2008年
―――「神戸百景」の時代と縁(えにし)
「いつか見た蒼い空」 須飼秀和 シーズ・プランニング 2009年
「栃原敏子画集」
―――越境する絵画
「Postion」 山内雅夫
―――無窮の彼方へ
「男達の神話」 名状しがたい行方 福島清 みずのわ出版
―――解説
「私の愛する一点展」 梅野絵画記念館 2008年
―――高野卯港「春風曲」
小冊子「埋蔵画家発掘物語 石井一男」(海文堂ギャラリー刊)1992年
画集「武内ヒロクニWORKS DEATH is CANDY」 1,000円
電動ハブラシ色 鉛筆党(海文堂ギャラリー刊)1993年
Document1940-1994(海文堂ギャラリー)中島由夫・描くために生まれてきた人 1994年
松村光秀画集<身・姿> 光淋社出版 1998年 97P 3,800円
YOSHIO NAKAJIMA DOCUMENT 1940―1994 海文堂ギャラリー 1994年 2,500円
画集「中島由夫 1940~1990」(海文堂ギャラリー)「はじめに」1990年 文 本目勇市ユルゲン・ブルム
画集 「中島由夫作品集」305ページ オールカラー 図版500点
200世紀最後に、中島由夫の仕事をふりかえり、記録するためにスェーデンの出版社から刊行された。

「ある画家の初個展 石井一男」1996年 32P 300円
木下晋画集 1996年 20P 跋文 酒井忠康 1,500円
山内雅夫画集 白の光の領域~山内雅夫の仕事 24P 500円 山内雅夫の創作ノート
武内ヒロクニ DEATH is CANDY 1,000円
西村功画集「1950~1976」(海文堂ギャラリー)1991年刊 カラー図版27点 70P(絶版)
黄鋭 墨によるコラージュ 1996年 7P 200円
渡辺幹夫 マニエル・ノアール 1981~1998 カタログレゾネ 全作品142点 版画廊刊
文 ステファン・E・ファインマン 英文・仏文・和文併記 7,500円
元永定正舞台空間展(カタログ) 1,000円 元永定正舞台空間美術展実行委員会
「宮地孝画集 裸婦」刊行委員会 15,000円
詩画集「鎮魂と再生のために~阪神淡路大震災をふりかえって」
長尾和と25人の詩人たち 風来舎 1,800円
LES PREMIERS DESSINS D’ISAO NISHIMURA
「西村功初期デッサン集」デッサン25点を収録。発行 ギャラリー島田 2001年
編集 伊原秀夫(風来舎) 写真 松本省平
上装本(限定300部) 4,000円(税込)
普及本(限定700部) 2,000円(税別)
遠藤泰弘詞華集「永遠の光のように」(ギャラリー島田刊)2001年
「画集 徳永卓磨 スペイン」2001年
―――「愛すべき奇人」によせて
岡井美穂作品集「絵と陶」2001年

――――“ごあいさつ”
詩集「Women~不在だった場所へ~」丸田礼子詩集 2003年
―――跋文
小冊子「アート・プロデュースの現状と課題」(アート・サポートセンター神戸)2003年
小冊子「しあわせをありがとう 西村功先生を偲んで」(ギャラリー島田)2004年
「わたしの1点展」(梅野絵画記念館)2004年

―――福島清「一茶旧宅」について
大阪センチュリー交響楽団プログラム  2004年

―――「ベートーヴェン」
菅原洸人「四角い太陽」(ギャラリー島田刊行)2005年
――――はじめに
「国際芸術カーニバルPAC」公演リーフ 2005年

―――“ヴィクトリアにおもうこと”
「知の交差する場所へようこそ ASKサロンの記録」(アート・サポートセンター神戸刊)2005年

「坂手学作品集 EARTH LOVE MANABU SAKATE WORKS」制作協力 2014年4月20日

「坂本正道展 生誕100年 没後三年」(宮崎県立美術館)リーフレット

―――― Do Something「40%の良心と60%の保身」

「加川広重巨大絵画が繋ぐ東北と神戸2014 記録から記憶へ」 (アート・サポート・センター神戸)

 ―――巻頭解説 2014年5月20日


■美術関係以外の本

「22ヶ月目のゴール」 島田誠 2009年
「天の劇場から」 佐本進遺稿集 風来舎 あとがき 1991年 2,000円
「道化断章」 服部正 海文堂書店 1983年 1,500円(絶版)
「無愛想な蝙蝠」 島田誠 風来舎 1,800円(絶版)
「蝙蝠、赤信号をわたる」島田誠 神戸新聞総合出版センター 1,600円
【「忙中、旅あり-蝙蝠流文化随想」島田誠 エピック社 1,300円
「転勤族からみた神戸経済」木村史暁 400円
「詩集・阪神淡路大震災 第1集 1995年4月 1,000円
「詩集・阪神淡路大震災 第2集 1996年1月 1,500円
「詩集・阪神淡路大震災 第3集 1997年1月 1,500円
小冊子「地震の後に生れた芸術 クロスオーバーする魂」 1998年2月 無料
小冊子「座礁船」(服部正詩詞集)海文堂ギャラリー刊 2000年
「アート・エイド・神戸活動記録集 第1集」無料(絶版)
「 同上 第2集」無料
「 同上 第3集」無料
「阪神大震災と国際ボランティア論」草地賢一が歩んだ道 エピック刊行委員会 1,800円

「災害対策全書」 ひょうご震災記念21世紀研究機構 2011年

――――芸術文化による復興とその支援策


本のご注文は、電話またはFAXで承ります。
送料は無料です。
TEL/FAX:078-262-8058