玉本奈々個展

注目してきた玉本奈々のギャラリー島田初個展です。布、羊毛、ガーゼ、貝などの素材による印象からアール・ブリュットに擬せられることもある玉本作品は、美術館や古民家など意欲的に発表の場を選んでこられました。ギャラリー島田の安藤忠雄空間と作品がどう交錯するのか楽しみにしている。

島田 誠

ギャラリー島田初個展です。主に、ベニヤに半円状から成る凹凸に加工した布を張り付け、彩色を施す方法を用い、人間の内的感情を表現しています。 弱視であった幼少期から、補助視力による視力回復直後の「線」への違和感、再び病を患った後に空想する、視力回復以前の「ぼやけた世界」における結晶に似た透明な色の数々、そしてその当時脅威的に映っていた黒く丸い物体である人の目は、美術家としての道を選択した後の、精神を保つ為に描かずにはいられなかった数年間の画に、大きく影響を及ぼしています。その初期画の表現から始まり、次第に生への諦めと執着、情念的感情が排泄されたかの如く、色調に変化が表出し始めた画、そして新作を、ギャラリー空間に共存させる予定です。約10年間に亘る作品の歩みと現在が、観る側にどう映るのか、楽しみにしております。

玉本奈々

玉本奈々HP

http://www.kcat.zaq.ne.jp/ta-ncan-ma/

◆B1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~17:00まで。

★3/5(土) 17:00~ オープニングトーク&レセプション

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子3
会場の様子5 会場の様子7
会場の様子2 会場の様子4
会場の様子6