ボロフスキー・グラスアート展vol.4

ガラスアートといえば教会のステンドグラス、ルネ・ラリックやガレ、ドームを思い浮かべます。ガラスという透明な質感と色彩と技法の卓越が、その時代や場所に応じて生み出してきたアートです。ボロフスキーは現代における日常をポップに彩る、ユーモラスなガラスアートの創造者です。我が家の東西の窓際にはカメレオンの花器とギターの果物器が置いてあり、カメレオンは朝陽に輝き、ギターは夕陽に輝きます。お楽しみ下さい。

島田 誠

◆1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~16:00まで。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子3
会場の様子5 会場の様子2
会場の様子4 会場の様子6