高野卯港展

10月2日で卯港さんが亡くなって2年になります。そして昨年3月に追悼展を卯港さんのスケッチ帖の出版記念としさらには画文帖「夢の道」を刊行し、銀座ギヤラリー枝香庵での追悼展と続き、生前よりもずっと濃密に卯港さんと付き合ってきたことになりました。それはまさに「絵に生きる・・」の卯港さんのところの最後の言葉「いまごろでごめんね」と卯港さんに謝らねばならない」に繋がっている。いつも個展の前にアトリエを訪ねて作品選びをしてきたが、今回は本人不在のままに見応えのある作品を選び出したい。そして卯港さんを未見の皆さんにも、その魅力を伝えたい。

島田 誠

◆B1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~17:00まで。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子3
会場の様子5 会場の様子2
会場の様子4 会場の様子6