岡見妃呂子展

「私の鳥瞰図」 旅するのが好き、大自然の中に身を置いて、空気の風や生き物の気配を感じながら眺めていると想像がふくらむ。上空から、山頂から、見下ろすと、様々な模様が浮かぶ、生き物の動きに重なる。だんだん高くなるにつれて、地面や海のキャンバスに幾何学模様が現れて、興味がつきない。以前、住んでいたオーストラリアでも砂漠や、熱帯雨林、白い砂の島など、あちこちを旅した。砂漠が絵具を流したように赤い。鳥も花も強烈な色彩と共に目に飛び込んで来る。食虫植物、光る虫、奇妙な生き物にハッとして足を止める。降るような星空を見上げながら、宇宙との一体感を思った。

岡見妃呂子

岡見さんの4年ぶりの個展です。創造美術会や “グループ樹” などで活動されたあと、長いオーストラリアでの暮らしで、雄大な自然を鳥瞰し、心を宇宙に開放し、視野を地平に遊ばせ、内的迷宮世界を彷徨う術を獲得した。
私たちはその旅の同行者として岡見作品に立ち会う。

島田 誠

◆1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~17:00まで。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子3
会場の様子5 会場の様子2
会場の様子4 会場の様子6