岡田節子展

美術館と私
展示してある あの作家のあの作品に美術館や博物館等に会いに行く。そして館の建造物も見る。美しい、力強い、やさしい、なめらか・・・・・。これからを想像し考え図面にされたのはどなた?知りたくて少し調べてみる。私はそれを直感だけをたよりに描いる。

岡田節子

絵を描くものにとって美術館は頂を望む遠いものであり、また学び遊ぶ近しいものでもある。そして美術というランドスケープの中でコレクションや展示や建物を包含して地域に根ざした個性を耀かせている。
岡田はそれらにイマジネイトされながら、大胆なディフォルメのうちに自らのアートへの愛を表出している。

島田 誠

◆1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~16:00まで。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子3
会場の様子5 会場の様子2
会場の様子4 会場の様子6