描(か)ける喜び

音楽の世界からあこがれの絵画を眺め
絵は鑑賞するものと決めていた。
突然世界がガラリと変わり、音楽から美術に飛び込み
驚きと挑戦の連続。二つの世界を行ったり来たり。
 生と死を考える私に まだまだ生まれ変わりと喜びが
待っていたとは‼
 生きていると何が起こるか分からない
年を重ねることは楽しいものです
里井純子

音楽の世界でア・カペラと共に育ち生きた里井純子がある日、絵画の世界でア・カペラで描きはじめた。何ものにもとらわれない自由の横溢した平面。
それが音楽とともに長く歩んできた里井のintermezzoなのだ。
島田誠

会場:1F trois
会期:2022年6月30日(木)-7月5日(火)
11:00-18:00 ※最終日は16:00まで