地層のように深く、巌のように佇む「座る人」と対峙したとき、静かに語りかけられるかのような重みのある振動を、私たちは目と心で感じることができるでしょう。
2017年以来の4度目の個展となります。

 


ギャラリー島田さんでの4回目の個展になります。1998年頃から「座る人」と題した作品の発表を続けてきました。自分自身が幼い頃からの車椅子生活ということで、この「座る人」は自画像になります。当初は色々な風景の中に「座る人」を登場させ物語性のあるリアルな表現でしたが、徐々に作風も変化してきました。安直な物語性を排し、ただ表層を写し取るのではなく、その「存在」その「背後にあるもの」を表出するため、厚く塗り込めた画面を掻き削るように線で刻み「座る人」を描いています。対象物の形は崩れ、また新たな美しさが表出することを願って。

この「座る人」の常に低い「視点」から見えるあらゆる世界を今後も刻み、描き続けて行きたいと思います。
岩井博石

会場:1F deux
会期:2022年2月5日(土)-2月16日(水)
11:00-18:00  ※最終日は16:00まで