秦森直子展

分け入っても
分けいっても
在 定まらず

秦森直子

秦森直子のギヤラリー島田での三度目の個展です。東北の貧しい農民が反古紙を細く裁って 撚りをかけ糸にして織った 紙布 (しふ)で作られた野良着を見て感動し、そこから和紙を染め、こよりにして金属ワイヤーなどを織り込んだ 独自の技法を編み出されました。「土」に由来する紙、染料、金属などを、裂き、縒り、編んだ濃密で異質な空間は、普遍で根源的な人間の「在」を求める秦森の永久運動の断面なのです。

島田 誠

◆1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~16:00まで。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子3
会場の様子5 会場の様子2
会場の様子4 会場の様子6