2000年以降、複数の絵を連ねることによって1つの組み作品を構成する表現方法を続けてきました。「Door & Window」の New Yorkシリーズの組み作品から始まり、「Santa Fe」や「Key West」など。それ以降「Aqua」 や「Air」、そして「Breathe」や「Stay Alive」 のテーマを・・・
私の内にある風景を切り取り、複数の場面を並べることによって、時間的・空間的な広がりを生み、それによって、シーンが展開していく連続性を意図し、また、その空気感を表現しています。
形態は変化しながらも、組み作品としての表現に取り組んでいます。このような取り組みを続けて20年になります。
・・・と書きましたが、ギャラリーにて私の作品と接していただき、”じか” に感じ取っていただけることを望んでいます。
上住雅恵

2004年の Santa Fe、2009年の Key West、2015年の Air。ギャラリー島田での個展、そしてさまざまに企画を応援してきた。6年振りの今回2021年は Stay Alive, Aegean Sea。エーゲ海は、青が光と化し空と化すエメラルドの色の海。私も遠くながい昔に、飽かずながめ、天空を彷徨った。こんな時代であるからこそ、新しい宇宙の創造が、今を生きる聖なる信仰を感じさせる。あるがままに「Aqua」や「Air」とともにあること、それが上住雅恵にとって、聖なる心の信仰と言って違いない。
島田誠


会場:B1F un
会期:2021年5月1日(土)-5月12日(水)
11:00-18:00  ※最終日は16:00まで