今年も個展を迎える事が出来ました。コロナ渦で、普段からアトリエに籠り、一人で描く事の多い僕には、どこか遠い国の出来事のような感覚でした。しかし、拡大を続ける中で、イタリアに暮らす姉家族の深刻な状況や東京で暮らす知人達の生活の変化に、他人事ではないと実感しました。毎日新聞朝刊・兵庫県版では、毎月一度、兵庫県の風景を描いているのですが、絵を描いた場所へは、是非、行って欲しいと思うのですが、電車移動や都市部での密になるところはなるべく慎むようにしました。普通や当たり前に時間が過ぎて行く事のありがたさや、コロナを機に見つめなおさないといけない事の多さも知りました。描ける事や発表出来る事に感謝しつつ、過ごしていきたいです。
須飼秀和

会場:1F deux&trois
会期:2020年11月21日(土)- 12月2日(水)
11:00-18:00 ※最終日は16:00まで