緒方良信展

私達人間が「どこから来て、どこで生き、どこへ行くのか」という永遠のテーマを思考する時、限りなく遠い過去から、今生きている現在、そして無限の未来へと滔々と流れ行く大河に想いを馳せます。千変変化、流転して刻々とその姿、形を変えていく水の形態を石や木に刻んだり、金属に置き換えたりして追究しながら40年。
滴の形に始まり、流れとなって、成長し洋々たる海に到り、やがては天に戻って新しく生み出される生命の滴へと続いていくという水の循環を生き物の輪廻として彫刻に表現してきました。
滴によって生じる水の輪、拡がっては消え、また新たに生まれる水の輪の動きに生きるものの営みの在り方を感じながら、時間と空間の流れの一瞬の記憶を石や木の中に刻み固定させようと追求し、同じように固有の形を見せない火、炎のテーマも探求しております。

緒方良信(ヨシン)

千変万化、止まることなき水。固有の形なき炎。滴となり天から降り、地から湧き、地を潤し、万物を慈しみ、流れとなり、海をなし、再び天に昇る。輪廻転生は緒方良信の創作の源をなす。その壮大な宇宙観を自らの歩みとして体現し、宇宙創成により地球が生成した、内に炎を抱く石塊に自身を彫琢し、作品とした。億年の時が生み、億年の時によって消滅する。その一瞬の交差に結晶と化した氏の作品は小と言えども屹立して美しい。私たちもまた一瞬の交差。

島田 誠

1975 イタリア・カラーラ国立美術大学彫刻科卒業
1976 ブルレネスキ国際彫刻コンクール 一等賞 (伊)
1979 大阪国立国際美術館「近代イタリア美術と日本」彫刻出品
1991 コスモス・コモン彫刻大賞受賞 (福岡飯塚)
1998 花蓮ランドマーク・コンクール大賞受賞(台湾)
2005 クロチェッティ美術館個展(ローマ)
2007 コーラル・スプリング美術館、作品「Mindscape-CS」を制作設置(フロリダ・アメリカ)
2008 北京オリンピック彫刻展 優秀賞、北京オリンピック彫刻公園に石彫「五輪」設置
2008 アカデミア・デル・トーレ賞文化部門受賞 (伊)
2011 中国北京・清華大学100周年記念展にて大学キャンパスに石彫刻「神水」設置
2012 台湾新竹Benq Work Shopにて石彫刻「流動」、オーストラリア・アドレードにて〈Water Song〉を制作
イタリア、和歌山の工房にて制作、国内外で作品発表

◆B1Fにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~17:00まで。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1会場の様子3 会場の様子5会場の様子2会場の様子4会場の様子6