もう良いかげんにしなさい な 揃えに ならなかった。
途中で 狂ったのかと思いました。
…分別…が ないのだろうか…オリコウでない のか。
コンセプト・様式を 設けるコトが どうしても 自身に
フィットしてこない・・・外連(ケレン) は ナイ。
…静か…です。
人の世の 理由なきカナシミ・・・どうしようもなく放電している。
花井正子

フリーランスイラストレーターとして多くの仕事を成しながら、2015年、美術家として活動することを決意。
その背中を押したのが廣村正彰氏。花井が選び取った場がギャラリー島田。
虚実というが「虚」は”うつろ”ではなく聖なる場であり「実」を疑う。花井の底光りする色は孤独へと誘いながら力が漲る。三回目となる今回の個展は地下の空間を、色彩、形象、言葉により造形する。
島田誠

会場:B1 un
会期:2019年11月9日(土)- 11月20日(水)11:00-18:00
※最終日は16:00まで

◆ 11月9日(土)17:30〜 トーク 花井正子 × 廣村正彰(デザイナー) 要予約(先着40名)・無料