昔話を読んでいると遠い物語が近く、近い物語がはるか遠くに感じたり、時間も国も飛び越えることを面白く思う。
昔の物語にはたくさんの本当のことが含まれているのだと思う。
かたや、この展覧会には特定の物語についての作品はない。ただただ小さな話の数々を絵だけでなく人形などでも展示します。
「トキの文使い」のお話を観にいらして下さい。
大畑いくの

大畑いくのさんが描くロシアの昔話「七人のシメオン」や宮沢賢治の「土神ときつね」に登場する二人(?)は樺の木を巡り、どちらが悪役であるかは別にしてともかく憎めない。人も大地も宇宙もやさしく受け止め抱きしめる。
「トキの文使い」も、もの語りを紡いでゆくのはみなさま。
大畑いくのさんとのひと時をどうぞ。
島田誠

会場:1F deux&trois
会期:2019年6月22日(土)~7月3日(水)11:00-18:00
※最終日は16:00まで