2017年の個展の時より、僕の作品にはビクニーズという人達が登場するようになりました。ビクニーズとは、絵や文章をかいたり、歌ったり踊ったり、奇妙な風体をしたり、あるいは会社に勤めたり土を耕したり魚を採ったりする人達。つまり何かを表現している庶民のことです。
たぶん、すべての人達がビクニーズなのかも知れません。
僕もビクニーズの一員として自分の表現を考えてみたいと思っています。
日本は新しい年号になりましたが、それは、長らく行われなかったやりかたで行われたようです。これからの時代はどういう時代になるのでしょうか。
たぶん今までなかったような厄災が起こるかも知れないし、価値観が変わるような出来事がおこるかも知れません。それは、それぞれの人達が自分らしい表現の仕方を、今一度考えざるをえない時代のようにも思います。
上村亮太 

◆第362回 土曜サロン   オープニングパーティー<パフォーマンスあり>
日時:6月22日(土)17:00~

会場:B1 un
会期:2019年6月22日(土)~7月3日(水)11:00-18:00
※最終日は16:00まで