2年ぶり6回目マサル・マツハラさんの極微細画の不思議な世界へお誘いします。 透明感と静謐感に満ちた作品はデジタル全盛時代におけるアナログの反逆のようにイメージが実体とかけ離れたサイズで構成され、リアルな非現実感に、異界に迷い込んだような酩酊に陥ります。

これを描く人の性格は「尋常ならざる」ものです。今回はリヒャルト・ワーグナーの世界だそうですが。さて・ワーグナーといっても長大膨大難解な世界。そして世界を救済する天上への思いなどを極微細画でどう表現するのか。

この個展の打ち合わせのために一度も現れず、メールもなく。Faxと郵便。ひょっとして私たちは異界と交信しているのかもしれない。
島田誠

会場:1F deux
会期:4/20(土)~25(木)4月13日(土)~  4月18日(木)11:00-18:00
※最終日は16:00まで