バブルの最後の頃、海文堂ギャラリーで初めて個展をさせて頂いてからの長いご縁、ギャラリーは40周年、私は還暦を迎えます。ギャラリー島田では8年ぶりの個展です。

近年、縄文土器がマイブーム。縄文中期の複雑な土器の構造に魅せられて、私の陶造形の発想に取り込んでいます。「骨の耳」シリーズ以来、快と不快を伴った「気がかりなかたち」をテーマに陶立体を制作し続けて来ましたが、縄文の不可思議な「穴と渦」が生み出す混沌のルールが今は気がかりです。2010年以降の「穴」をテーマにした近未来的な作品から縄文シリーズまでの歩みをお楽しみ頂けると幸いです。
重松あゆみ

◆ 9月15日(土)15:00~ ギャラリートーク「自作を語る」
◆ 9月22日(土)15:00~ ギャラリートーク重松あゆみ×須浜智子

会場:B1F un
会期:9月15日(土)~ 9月26日(水)11:00-18:00
※最終日は16:00まで