初めてのギャラリー島田での個展になります。自らの存在“身体”をテーマに造形作品を制作しています。今回は音と音の間を描き(Drawing)、造形し(Sculpture)、空間構成(Installation)を行う作品を展示します。音と音の間の造形と音を感じる身体の構成。音を奏で、その音をドローイングで描き、音の響きを身体の感覚で確かめながらカタチをさぐっていく、何度も何度もその繰り返し。その繰り返しの中からどのような作品がうまれてくるか。22年前インドの美術大学に彫刻コースの学生として在籍していました。その時にインド音楽を造形表現することは、全ての中心に人が在り宇宙と今ここに在る人間の存在について表現することのように感じました。旋律はインド音楽サーランギ奏者のナカガワユウジさんに協力していただきました。
南野佳英

会場:1F deux
会期:7月7日(土)〜18日(水)11:00-18:00
※最終日は16:00まで