武田秀雄は天才漫画家である。「漫画」とは小賢しい「アート」をぶっ飛ばす武田の自負である。  年、「源平」に出会い仰天してこの天才を迎えて版画展を開催した。日本史を通じての最大の叙事詩を甲冑を除き男女との裸形で描き男は絢爛たる刺青。エロスと闘諍が偏執的に満々ていた。昨年、再会し個展をお願いした。テーマは天地の争い。きな臭い現代にどのように鬼才は挑むのか。
悪意に満ちた祝祭的世界<splinter is splendor>曰く「破片偏執はすなわち豪華奢侈」(「源平」に寄せた松田修の文から) 島田誠

会場:B1F
会期:78()719()12:00-19:00
火曜日は18:00、最終日は17:00まで