個展としては2009年、2012年に続く3度目の登場です。人の在り方、美の現出を深部から探りだしていく真摯な営為は、焼成による貫乳(ひびわれ)のごとき微細な線が磁器を連想させ、硬質な肌にその線が自在に走るのを見れば、眼だけでなく手でも味わいたいという誘惑を感じさせる。思惟を執拗に追求した意識の襞が、知的でありながら豊かな抒情を含む孤高の戯曲のように織り込まれ、私たちを共にその旅へと誘ってやまない。
島田誠
会場:B1F
会期:5月27日(土)〜6月7日(水)
open12:00-19:00※火曜日は18:00、最終日は17:00まで

写真をクリックすると拡大表示されます。