日々に紛れて呼吸が浅くなり朝まだきに目覚める日々。そんな時、想いはかへって行った。山の麓の美しい庭に。そこでは槌音が木霊し、木は光を抱き、風が晒し、花々が香りを添える。アトリエでは純粋で美しいフォルムが鑿から紡ぎだされ、食堂では使い込まれた手しごの家具や食器が穏やかな息をしていた。庭には折々の花が風と語りあうように揺れていた。そうした日常が生み出すもの。伊津野雄二の佇まい。それが稀有であり、今をかけがえのないものとしてくれる。
島田誠

会場:1Fdeux Trois
会期:2月18日(土)-3月1日(水)open12:00-19:00
※火曜日は18:00、最終日は16:00まで