P1000392

ギャラリー島田での展示は今回で3回目になります。2012年はラクダ、2014年はシカなどの、動物の頭部を模った作品を制作、展示しました。僕は制作中に思いついたことをなかなか実行に移しません、次はこれを作ろう!と思いついてから数年後にやっと、さわりだけ作り、またしばらく手を付けず、そんな進み方をしています。そのような制作スタイルは変わらないのですが、少しずつ根本的な作品との向き合い方が変わりだしています。今後も変化していくのか、もとの状態に戻っていくのか自分でもわかりません。これからの制作のために、自分の中に常に居座る作品の片鱗を記憶から記録とする必要性を感じ、今回は頭の中の片鱗を実体化した作品の展示を行います。    東影智裕