DSC_8783_ccct

mezzotintとはフランス語ではマニエール・ノアールmaniere noire。すなわち黒の表現ということだ。そこに色彩を用いたのが浜口陽三ですが、浜口はmezzotintという技法を極めながら表現を追及するにあたって、銅板は不変であっても技法は柔軟であったようだ。
渡邊幹夫は1996年ころから絹の肌をもつ裸婦から色彩をもった自然界へと移行してきた。しかも浜口より大胆に。    島田 誠

「この世の中にある全ての、とても複雑そうに見えるものの中に、実に簡素にして清浄、かつ普遍的なものがあって、それは、そのままとても力強く、美しいものだろうと信じて います。そして、それを美しいと常に感動出来る自分で居たい為に、又、それを分かち合いたい為に作品を作っています。」 (渡邉幹夫 1998 年 作品集 あとがきから)